■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
年回供養のご縁にふれて

 12月に入って、神田支部長さんのお義母様の7回忌の年回供養にお参りさせて頂きました。

佼成会の教えは「先祖供養と親孝行」と言われています。その言葉にあるように年回供養は地区の中でも
毎月数件行われています。私の実家でも昔は月に一回行っていた時期があります。ご先祖様に心をよせて
回向できる貴重な時間でもあると思います。

当日、支部長さんのお宅に伺うとご宝前の横にお義母様の写真が飾ってありました。笑顔の素敵な
お写真でした。脇導師のお役で来られていたお二方は「神田さんが笑顔で迎えてくれてるね。懐かしい。」と
感激しておられました。

実は支部長さんは、今回の年回供養のお役を前々からお義母様に縁の深かった方お二人にお願いされて
いらしたのです。「義母が喜ぶ御供養を」という思いでお願いされたそうです。

これまで私が参加してきた年回供養で、そうした思いを形にするのに「生前、好物だったから」と御供物に
表していらしたお宅はありましたが、縁の深い方と共にご供養に参加するのは始めてのことでした。

ご供養後のかみしめでお役をされたお二人が「神田さんはさっぱりした方で、はっきりものを言われるが
嫌味のない素敵な人だった。」と、いろんなエピソードを交えて話され、その場にきっと支部長さんのお義母様も
一緒に座って微笑みながら参加されているようなホンワカした良い空気を感じました。

最初にも書きましたが「佼成会は『先祖供養と親孝行』の教え」と、よく教えられてきました。その両方を
実践された年回供養だなぁ、と心が温かくなりました。

先祖供養も親孝行も、私たちが今ここに生きている根っこを作り支えてくださっている方々への感謝の気持ち
を大切にする行いだと思います。そして、その基本的な感謝の心が家庭・社会・国家・世界へと広がることにより
平和な世界が実現する元なのではないかとあらためて感じました。

年回供養のご縁にふれて、こんなに気持ちがあらたまった経験は初めてです。多分、支部長さんが「義母が喜ぶ
御供養を」と言われ実践されている姿に、基本の大切さ「先祖供養と親孝行」の意味を教えていただいたのだと思います。

 支部長さんに約束した年回供養を、私は今年できませんでした。来年、春分の日を迎えるまでにはさせて頂こうと思います。

三滝支部 ブログ担当  M.K   冬至



三滝支部 | 12:46:01 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad