■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
『佼成』会長法話(平成24年12月号)
 《鈴木教会長のお話の要旨》

 

『佼成』12月号 会長法話【「おかげさま」を数えてみよう】を拝読して

 

〔苦が喜びに変わる〕

・法華経、開祖さまの教えの力強さというのは、
どんなに苦しんでいる人でも仏法の真理を学ぶことによって
ものの見方が変わり苦しみが感謝になるというのです。       

・愛語、愛念のこもった言葉は天をもひっくり返すような力があります。
逆に怒り、憎しみとか思いの凝り固まった言葉は聞きたくないでしょう。
でも、我々は知らず知らずに平気で言っています。
身近な人に対する気遣いが少し足りないかなあ。
我々はご法を頂戴しているから円満な人間関係が持てているのです。
本当に開祖さま、会長先生のおかげだなと感謝したいところです。

・三法印(諸行無常、諸法無我、涅槃寂静)の「諸法無我」は、
あらゆる存在が他と無関係に存在しているものはひとつもないということを教えてくれています。
そこから出てくる情感は感謝、おかげさまであります。
会長先生は仏教用語を使わないで、仏教真理を平易に私たちにわかるように
説いてくださっています。

・私たち自身も他との関係の中で生きているということは、
私たちの思い、行い、そのありようによっては、一人、二人、もっと多くの人を
生かしめたり救ったりする生き方ができると思います。
それが菩薩行です。
世界中に多くの仏教教団がありますが、
佼成会のようにまず人さまの幸せのために生きよう、命をそのように
運ぼうという菩薩教団はそう沢山あるわけではございません。

・生かされている命だから今度は人を生かしめよう、
人を幸せにしてあげようという、そういう生き方ができていることは
大変にありがたいし、それは開祖さま、会長先生によって
本当に難しいお経をわかりやすく教えて頂いているからです。

・開祖さま、会長先生は、その日の品(ほん)をあげておられます。
大変ありがたいお経です。
三部経は毎日あげて善きことの習慣づけをしましょう。

・開祖さまはご著書『法華経の新しい解釈』の中で、
「無明というのは、この肉体が自分だと思うそういう錯覚」
とおっしゃっています。
仏とは何ぞや?、簡単にいうと自他一体ですよ。
私とあなたは別のものではないのだよ、ということです。


・万物に心があって、世界、宇宙は一つです。
それを「諸法実相」とか「一法」とか「空(くう)」とかいっているのです。
そういう心境になれば、触れる縁、触れる縁がすべてありがたいことに
なりますよ、ということです。

・会長先生は「真理を学ぶことにより幸せを受けとめる感度が高まると
いえるかもしれません」とおっしゃっています。
教えは知識のために学ぶのではなくて、教えを学んで理解して実践する中で、
我々はすべてがありがたいという幸せをうけとめる感度が高まるのです。
会長先生の基本はここですね。

・我々が本当の意味で
幸せになれる、おかげさまと思える、ありがたいと思える心境は、
真理ということをしっかり認識して自分の身につけるべく修行させて頂く中で、
本当の幸せがありますということでございます。

・真理を知ることによって、苦が喜びに変わるということです。

 

〔感謝を行動に〕

12月は、今年はどのような人、どのようなことのおかげ様で、今私は元気に生きていられるのか、
そういう感謝の種をたくさん見つけましょう。
そして、心の中も「ありがとう」「おかげさま」という響きだけになるぐらいの
気持ちにならせて頂いて新年を迎えられたら、来年の幸せは疑いなしであります。

・まずは「おかげさま」というような心に、もし我々が徹してみたら、
我々のまわりに表れる現象は、もう、ありがたいことしかないんじゃないかな。

・会長先生のお示し頂いているような「おかげさまの種をさがしてみる」、
〈ああ、ありがたかったな〉〈これもあの方のおかげだな〉ということが
十も百も千も万も見つかったとするなら、
もうその人の心の中は
〈ああ、なんだ、私は自分の力で一生懸命生きてきたと思っていたけど、そんなことはなくて、実に無数の方々のご縁のおかげさまだなあ〉
と気づけるんじゃないですか。
本当にそう気づけたら、世界はさらに大きく変化すると思います。

・愚痴や不満の多い人は、幸せと感じる習慣を身につけることです。
開祖さまは、修行の要諦は「善きことを 心をこめて 繰り返す」とおっしゃっておられます。
善きことを習慣化することです。
幸せな人生をおくれるかどうかは、善きことを習慣化するか、悪しきことを習慣化するか、その違いだと思います。
我々は法縁にあえたのだから、さらに善きことを習慣化していきたいなと思います。

・黄金律、ゴールデンルールという言葉があります。
自分が出したものは全部自分に返ってくる、
自ら蒔いた種は自分で刈り取りなさい、というイエス様の教えです。
為さざるは受くることなし、
愛を語り、愛を表現し、愛を与えていけば、戻ってくるのは愛しかないんですね。
だけど、怒りや憎しみばかり発していけば、いずれそれが矢となって自分の胸を貫くということです。
心はなかなか変えられないけれども
言葉がけは心がけしだいで変えられますので、
よき言葉、愛念のこもった言葉、相手を生かしめるような言葉しか使わないと
決めるだけで幸せになりますよ。
それがゴールデンルールです。

 

・今月は、“おかげさまの種”、“感謝の種”をひとつでも多く数えさせて頂いて、新年を心豊かに迎えさせて頂きたいと思います。



朔日参り(会長法話) | 15:01:55 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad