■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
地区会議に参加して
 去る11月16日、地区の会議に参加いたしました。
今月は地区の主任さんが欠席の状態で、組長さんが主任さんの代理で会議が行われました。
主任さんは、11月29日にリサイタルの準備が忙しく欠席とのことでした。
会議は先月と今月の初めの行事の報告がされ、今月の残り行事と来月の行事にわたり、申し送りや検討がなされ
つつがなく進行しました。
 その後、お茶をしながらの法座が始まり、日頃お世話になっている主任さんのリサイタルのお祝いの話になりました。
主任さんは毎年リサイタルをされており、今年は20周年なので「何か記念なるようなものを地区の皆で送りたいね」
ということで話が盛り上がりました。
そこで生花の花束ではなく、枯れない花として最近は人気のある「ブリザーブドにしよう」ということに決まりました。
そして、私がそのブリザーブドを用意する担当となったのです!

 さて、困りました。まず色をどうしよう・・・いつも主任さんの着ている服のイメージで何色が好きなのか想像すると、
オレンジや赤、ピンクなどの明るい色が思い出されます。
同じ地区の方に2名ほど相談すると同じような答えが返ってきます。
 次に予算の中で豪華なものを・・・と、考えてブリザーブドは生花よりチョッと高めなことを思いだいました。そこで
主人の伯母がお店で売っている以上の素敵なブーケを作ってくださったことを思い出し、相談しました。
予算を話すと「大丈夫」とおっしゃるので、材料を用意して頂いて作ることとしました。

 主任さんに対する地区の皆さんの思いを代表して作らせていただくのだと思うと、仕事以上に真剣になりました。
主任さんに喜んでもらいたい気持ちで一生懸命です。
最後はプロ級の伯母の力で店頭にあってもおかしくない位の素敵なものができました。

      ブリザーブド


 リサイタル当日、ドキドキしながら会場に来られている地区の皆さんに見ていただきました。「素敵ね」と褒めていただいて一安心。

 主任さんは音楽大学を卒業され、音楽を仕事にしていらっしゃいます。教会でもコーラスの指導をされたり、広島教会50周年
の愛唱歌のCD作成時に活動されていらっしゃいます。
けど、私は主任さんの歌声を聞いたことがなく、今回のリサイタルで初めて聞くこととなりました。
 シャンソンがメインのリサイタルは、とても素敵でした。
愛の歌は艶やかに、家族愛や人類愛を感じさせる歌は心に沁みるように、楽しい歌は明るくと、素敵な歌声で「プロは違うなぁ」と、
感動しました。
 特に、主任さんの作られた「Life」という曲が素敵で、主任さんの中にある信仰心というか、佼成会の教えを芯に置いて活動
されていることを感じられて心が温かくなりました。

 振り返ると、ブリザーブドを準備する役を頂いてから、主任さんに喜んで頂くことや地区の皆さんが主任さんを思う気持ちが
伝わるようにと考えて、地区の方々に相談していました。そして、三滝支部に移動してから初めて自分から地区の皆さんに
連絡をしていることに気付きました。自ら連絡することで、私も地区の一員として馴染んできたことを感じられて嬉しく思いました。
 来年度は、もっと地区や支部の活動に参加して、精進していこうと思わせていただきました。

三滝支部 ブログ担当  M.K


三滝支部 | 11:27:01 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad