■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
丸山公園原爆慰霊供養
 毎年原爆の日が近づくと高田支部では広島県安芸高田市向原町の丸山公園にて
原爆慰霊供養を行っています。丸山公園は向原高校の近くにあります。1945年8月6日広島市で被災された方々が郊外に運ばれました。向原駅にも多くの方が運ばれ亡くなられました。
 今年は8月5日8時より原爆で亡くなられた方々の御霊に真心の御供養をさせて頂きました。その後、「明るい社会づくり運動」の増上さん、望月さんのオカリナ演奏を聴かせて頂きました。


原爆供養1原爆供養2一乗の光(逆光)_R



参加者の方の感想 

被爆67年の慰霊供養を向原の丸山公園で午前8時より山本支部長ご導師のもと大人14人、子供3人でご供養させて頂きました。大自然の中でオカリナの演奏と共に『ふるさと』を大合唱させていただきました。
 増上さんが小学校1年生の時の原爆の悲惨な体験を語ってくださいました。原爆を受けた名も知らない人たちが小学校に次々と運ばれ亡くなられていく中、自分たちは校庭の木の下で画板を机がわりにしてお勉強されたとのことです。
 増上さんは長年供養させて頂いていることが本当に御霊に届いているのか疑問に思われていたとのことですが、ある方から確かに届いているということを教えられ今年は格別の思いで参加させてもらったとおっしゃっておられました。
私は後で当日のビデオを見させていただいたとき、その中で天空から一条の光が差し込む現象が写っており、確かに増上さんのおっしゃるように御霊が沢山集まって喜んでおられる証ではないかと思わせていただきました。
これからも若い世代に伝承させていただくお役があると気づかせて頂きました。合掌
                高田支部 砂本恵代

 8月5日8時より丸山公園にて原爆殉難犠牲者慰霊供養をさせて頂き、また、「明るい社会づくり運動」より参加の増上さんからおじい様の体験を聞かせて頂きました。
犠牲となられた方が日本の方か外国の方なのかもわからず、向原がどのような町かも知らないままに荼毘にふされ、死体が飛び上がるのを見たおじい様が寝ている時にうなされることが幾度かあったとのこと。
お世話をされた方も同じように苦しまれた様子をうかがい本当に涙が出ました。
 今ある幸せはその方々の犠牲の上にあることをしっかり心にきざみ、平和の大切さを後世に伝えていく使命が我々にはあると深く思わせて頂きました。もう40年近くになりますが、私たちがこうして佼成会のご供養をさせて頂くことで御霊が大変喜ばれていることを教えて頂きました。
               高田支部 M.T

 1945年8月6日、当時0才で被爆し現在67才の私は、『原爆の日』を迎える度に今生かされて生きている自分を見つめることができるようになりました。そして、若い方へ子供達へと語り継いでいくことの大切さを感じました。
 当時の体験をまざまざと話してくださったオカリナ演奏者の方のお話が聴いた子供たちの心に深く刻まれたようでした。帰り道、車の中で「怖かった、すごく怖かった…」と真剣に話をしてくれました。
 このご縁のお陰さまで私自身が深くものごとを考えることができるようになり、私の出来ることは何だろうかを考えたとき、私の周囲の方へ一人でも多くお伝えしていくことが私の使命と思わせて頂きました。
                   高田支部 K.K


高田支部 | 17:50:36 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad