■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
広島教会三次道場発足15周年記念式典
 昭和34年会員数は十名たらずで会員さんのお宅の二階を拠点として県北の地に法華経の種がまかれした。その後西三次の法座所を経て平成9年7月12日に現在の場所に道場を移転し会長先生をお迎えして入仏落慶式が行われました。
 現在3支部(三次支部・庄原支部・高田支部)で1700世帯の方のご縁を頂いております。先輩信者さん方の努力により平成24年7月21日(土)三次道場は発足15周年を迎えることが出来ました。



学生部による奉献の儀

CIMG2091_R.jpgP7210797_R.jpgP7210800_R.jpg 


読経供養 二品(方便品、如来寿量品)、啓白文奏上
P7210810_R.jpg CIMG2096_R.jpg

説法 
P7210816_R.jpg
婦人部三次支部支部婦人部長 Mさん

ご主人との関係を深く見つめることにより、父親への感謝を深められました。
P7210820_</span></span>R.jpg
壮年部庄原支部支部壮年部長 Kさん

奥さんのうつ病を機に「自分が妻を支えなければならない」と会社を辞め、奥さんを支えられました。うつ病は3ヶ月で回復されました。奥さんは主任のお役、Kさん自身も支部壮年部長のお役を受けられ菩薩行に励んでおられます。Kさんは奥さんが主任のお役を辞めることなく精進されたことに感謝されています。これから大黒柱である壮年部育成をすることが自分の使命であると気づかれ壮年部員発掘育成を行っていく決意をされました。

あいさつ 福場支部長
P7210829_R.jpg 

お役を頂き人様の心配行をさせていただく中この教えは間違いないと確信できました。これからの未来をになう青少年達と共に”まず人様”という精神を共に持てるよう青年育成に取り組ませていただくことをお誓いします。

お言葉    鈴木教会長
P7210839_R.jpg 
”三”という字は三法印(諸行無常・諸法無我・涅槃寂静)や三帰依(仏・法・僧)など仏教と縁が深い数字です。
 開祖さまが立正佼成会を創立した目的は
『現実に人を救い、世を立て直す』ことにありました。法華経に込められている仏教精神を理解し根本的道理を得ること、そして教えを日常生活に活かす生き方が大切です。
 
開祖さまは『自分も相手も救われる(本質的な救われ)』を得てほしいと願われております。

 物事は本人の努力(自らが全力を尽くす)周りの支え(両親を心から尊敬し、親孝行しているか)神仏のご加護(先祖、神仏が信じられるか)がなければ成就しません。これを『三力(さんりき)』といいます。私たちは支えられて生かされているのだから報恩感謝の心で恩に報いるために何かをさせていただく、我の力ではなく周りの人々に支えられていることに感謝できること、そして本仏の力を信じること、それが三力です。


大合唱   「光と絆と」~善き友に生かされて~
P7210842_R.jpg


CIMG2108_R.jpg CIMG2111_R.jpg CIMG2132_R.jpg


午後からは---おまちかね!!鈴木教会長&青年部&元青年部? in BBQ.

鈴木教会長さんと青年部との交流の時間を頂きました。

CIMG2145_R.jpg CIMG2150_R.jpg CIMG2152_R.jpg

P7210805_R.jpg
当日駐車場の整理を行って頂いた壮年部の方々


三次道場発足15周年記念式典参加者 T・W




【三次道場だより】 | 15:53:44 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad