■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
会長先生から広島教会へのプレゼント
・盂蘭盆会式典に比叡山延暦寺・瑞応院住職 山田能裕師ご来道
・3道場同時生中継システムはじまる




本日7月15日(日)午前9時より教会道場で、
奉献、ご供養、回向文奏上、
説法(安芸支部主任 Kさん)、
ご講話(比叡山延暦寺一山・瑞応院住職 山田能裕師)、
謝辞(鈴木教会長)という流れで盂蘭盆会式典が行われました。

初めての試みとして、三次道場・五日市道場に式典の様子が同時中継されました。

盂蘭盆会は、7月15日を中心に営まれる先祖供養のための法要です。
その起りは仏弟子の目蓮尊者が餓鬼道に落ちた亡母を救うために
大勢の僧侶を招いて供養したことに由来します。

立正佼成会の「盂蘭盆会」では、ご先祖や亡くなった方の諸精霊を供養するだけでなく、
目蓮尊者の故事を縁として、私たちの日ごろの生き方反省し、
教えに基づいてよりよい人生を送ることをお誓いする大事な行事でもあります。

山田恵諦猊下のご長男で、開祖さまとのご親交も深かった山田能裕先生のご講話では、
盛りだくさんの話を聞かせていただきました。
DSC_0371.jpg
開祖さまの世界一の笑顔は練習のたまものだったことや、
山田恵諦猊下と熱燗を飲みながら法華経の話をして一升ビンを開けたことなど
開祖さまとのエピソードを聞かせていただきました。

また、東日本大震災での福島の話や、二宮尊徳、坂本龍馬のエピソードを交えて、
歴史を知ること、つまり先人のしてきたことを理解することで、今を一生懸命生きて、
これから先を展望することの大切さを教えていただきました。

謝辞の中で鈴木教会長は、広島教会にも歴史があり、
知っていくことが大切とおっしゃっていました。

今日もありがたい1日を過ごすことができました。
ありがとうございました。


ホームページ開設委員会 委員長 樋口 征央




追伸 当日中のブログ掲載を目指して、話を文章にまとめることの大変さがわかりました。
   いつもブログ記事を掲載していただいているブログ担当者のみなさん
   ありがとうございます。


総合 | 15:05:59 | コメント(1)
コメント
広島教会道場からの中継
教会に行っていると錯覚するくらいだった。
教会まで行かなくててもいいので有難い。
共有できて有難い。
2012-07-22 日 14:59:17 | URL | 五日市道場有志 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad