FC2ブログ
 
■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
わたぼうし No.21( 2017年10月 )より
報恩感謝

 立正佼成会にとって九月、十月、十一月は、一年間の締めくくりの最後の三ケ月であると同時に、報恩感謝を顕すときと教えて頂いています。報恩会、入寂会、生誕会を迎える大切なときだからです。
 開祖さま・脇祖さまのお陰さまで、私たちは尊い法華経のみ教えに出会うことができました。そのことを深くかみしめると、両祖さまへの感謝の心を行動に表すことが大事であると実感させて頂きます。
 それは言うまでもなく、布教伝道と布施の実践です。開祖さまは常々、「一人が一人を導こう」とおっしゃられていました。会長先生は、「ありがたいことをたくさん見つけ、人さまに伝えていく」その感謝を忘れない心の姿勢と喜びの後姿が、人を感化せずにはおかない魅力であり、そのままで布教伝道であると教えてくださいました。心して取り組ませて頂きましょう!
 さらに、いつの時代にあっても世の中を善導していく人材を育成していくことが大事な役割であることを認識するとき、青少年育成は常に優先して考えていかなくてはならない大事なことと言えます。
 青少年育成は、「育つ力」と「育む慈悲」と教えて頂いています。開祖さまのDNAを受け継ぎ、会長先生から光祥さまへと継承されていく時代の中で、教会や教団、さらには地域社会・国家・世界を支えていく人材を育てていきたいと思います。
 「いずもへの道、いずもからの出発(はじまり)」十一月五日、時代を担う若者は、是非、
出雲ドームに集まろう!                         合掌
                          教会長   齋藤高市


教会長メッセージ | 12:42:45 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。