■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
『佼成』会長法話  平成29年6月号
会長法話 愚痴をいわないを拝読して      ( 6月1日 )

齋藤教会長ご講話の要旨

【 「知っている」という思いこみ 】

  「愚痴」という二文字はどちらも「おろか」という意味がある。知が病気になっていることによる「おろかさ」(自分の知っていることがすべてと思いこみ、全体がよくわかっていない「おろかさ」)と、まわりくどく、心のはたらきの鈍い「おろかさ」を示している。また、愚痴には「いっても仕方がないことをいって嘆くこと」という意味がある。
いってもムダと知りつつも不平不満をいい、ときには思いどおりにならないことを人のせいにしてまで愚痴をこぼす私たち。なぜそこから抜けだせないのかといえば、自分の知っていること、思っていること、考えていることが「絶対に間違いない」という錯覚にとらわれているから。まさに、「私は知っている」という病気にかかっている。
自分の価値観に相手を合わさせようとしたり、自分が絶対だという思いこみから愚痴になる。その無明の私に気づいていくことが大事。

【 道理がわかれば 】

 「私が正しい」「私は知っている」という自己中心を反省することができれば、不満や文句が少なくなり、「仏の説法」と受けとれる智慧の心がはたらく。
 そういう心のはたらきを自分のものにする方法は、「真実の道理」を知ること。この世のあらゆるものが、一つにつながるご縁によって生かされているという事実。その恩恵を受けて、いま自分がここに存在するという有り難さ。このことが明らかになり、感謝できると、愚痴は出てこない。天地自然の道理がわかれば愚痴はいえなくなるということ。
 宇宙の一切合切のお陰さまで生かされているということを謙虚に受けとめ、いのちの実相(ありのままのすがた)に感謝をするのが「有り難し」ということ。
 愚痴が出そうになったときでも、観音さまのような慈悲の心・人に対する思いやりの心が、自分勝手な行動を押しとどめてくれる。本来自分の中にある慈悲の心・思いやりの心に気づき、その心をたくさん育てていくことが大切。そして、その心で人にふれていくという実践行をさせて頂く。
 それでも愚痴をこぼしそうになったら、「智慧がはたらくチャンスだ」と気持ちを明るく切り替え、読経供養をとおして心を見つめなおして、真理にそったものの見方・受けとめ方に立ちもどればよい。愚痴の予防薬として、智慧を身につけ、真理を認識できる自分になっていくためには読経供養等の基本信行が大切。
下半期スタートの6月。尊いいのちを頂いたこと、み教えに出遭えたことへの感謝を表していく。80周年に向けて、開祖さまのお心を次の世代へ伝えていくことを決定していく大事な時。皆さまと共に修行精進させて頂きたい。

齋藤教会長のご講話を聴かせて頂いて

 自己中心の心が湧いたら、「腹が立ったらお経を読もう」という日めくりのことばを思い出し、朝夕のご供養を大切に、思いやりの心で人とふれあえるよう、努力させて頂きます。
                             合掌
                                           文責 Ma




朔日参り(会長法話) | 10:30:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad