■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
わたぼうしNo.18(2017年4月号より)
いま、ここ、われ

 春。さわやかな季節を迎えました。春と聞くと、何故か心ワクワクしませんか?上野公園、隅田川、福島の三春…。そういえば、広島の桜の名所は何処でしょうか?光町公園??ゆっくりお花見したいですね。
 4月は、新しいスタートの時でもあります。そういう意味でも、将来に向けての心躍る瞬間ですね。何か、新たなことにチャレンジするのもいいかもしれません。でも時間がなくて…というのが現実でしょうか?
 会長先生は、『仏教は「いま、ここ、われ」の救われの教えである』とお示しくださいます。『「いま」の時、「ここ」の場で、「われ」の自分が、教えを実践していくことが仏道の始めであり、終わりである』と。そして、『実践するということは、「まず人さま」の心にならせて頂くことであり、菩薩として仏道を歩ませて頂くことである』と。さらに、『日々、「いま、ここで、救われました」と感謝し、精進していく。それこそが、釈尊の願われたことです』と。
 何かにチャレンジするにしても、日々の生活に対しても、大事なことは、目の前のことに、精一杯、真心込めて、叮嚀に、ということに尽きるのですね。降誕会、教会発足の月。足元からしっかりと実践に移せる自分でありたいと心新たにしています。
                                             合掌
                                           教会長   齋藤高市
 
                                                                                                      

教会長メッセージ | 10:52:33 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad