■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
『佼成』会長法話 平成29年3月号
 会長法話 『肯定的か、否定的か』 を拝読して


齋藤教会長ご講話の要旨

佼成ニュースで涅槃会を振り返らせて頂き、自灯明・法灯明、一人ひとりが法を灯火としながら、拠り所としながら、しっかりと自らの足で立っていく、歩んでいくことを確認させて頂きました。また、年頭ご法話で会長先生は、「過去でもない、未来でもない、今をしっかりと丁寧に、心を込めて一所懸命に生きることだ」とお話し下さいました。創立の月を迎えて、皆さまとともにご法話をかみしめさせて頂きたいと思います。


 【 前向きの力がわいてくる 】
人は、年齢とともに体のあちこちに支障がでてくるようです。私も体の痛みや、それにともなう若干(じゃっかん)の不自由を味わっていますが、そうした現実からいくら逃れ(のが)たいと思っても、逃れ(のが)ることはできません。


会長先生ご自身が坐骨神経痛で痛い日々を過ごされていましたが、随分良くなられて、聖壇上での足の運びも前よりもスムーズになられ、だいぶ痛みもやわらいできたというお話を伺いました。

 

体の支障だけでなく、私たちは自分の思い通りにならない現実を不満に思い、マイナスのこととして見てしまう傾向があるようです。

 

例えば雨ひとつとっても、雨が降れば野菜農家にとっては恵みの雨だと受け止められるが、今日たくさんの洗濯ものをしようと思っていたり、観光する人にとっては恨みの雨になってしまう。雨は何の考えもなく降る時は降っているし、降らない時は降らないのに、我々は勝手に自分の都合で不足に思ったり、有り難く思ったりしているのです。心は自分の勝手のいいように働き、すべての現象は自分の心が作り出しているんだということです。

 

コップ半分の水で教えて頂いたように、コップの中に半分水があることを「半分しかない」と否定的で見るのか、「半分も入っている」と肯定的に見るのか、そして「誰かが私のために」と感謝で見るのか三通りあるのだということであります。それを選択しているのは、常に、コップの中の水ではなく私たちであり、見ている側、感じている側がその現象を作っているのです。

 

自分が辛かったり苦しかったりしたときは人さまのことをやってごらんと言われたことがあったかもしれません。人さまと触れ合っていると、苦があるのは自分だけではなくて、大変なことがたくさんあることが見えてきます。

私は、「この体の痛みは、同じような痛みをかかえる人を思いやれるいい体験だ」と受けとめています。病気や怪我はつらく、ときには理不尽に思えますが、それを肯定的に受けとめれば、その瞬間からいま・ここの苦しみや悲しみが和らぐばかりか、のちの人生の充実につながるエネルギーが蓄えられると思うのです。

 

今までに味わったことがない痛みを感じているということは、それが治って普通に暮らせるようになったら、今までに感じたことのない有り難い、幸せ、喜びを感じるんだと、痛い最中に楽しみにしているんだという受けとめかたが出来る会長先生ってすごいなぁとあらためて思わせて頂きます。現実の苦とか困ったこと、マイナスに思えることからいったん離れて客観的に見る。否定的ではなく、少し肯定的に眺めて見ようと努力してみると、様々に変化していくんですよということを、ご自身の体験を通しながら確認して頂きました。

 

開祖さまがよく、困ったことが起きると「いよいよ楽しくなってきた」と言われるのが真言だというお話もありましたが、それもまさに、未来をより充実したものに変えていくエネルギーに切り替えられている姿だったのではと思います。

 

【 おおらかに 】

ものごとを多面的に見ると、どれほどつらく苦しいことのなかにも、必ず「有り難い」と思える要素が見出せます。なぜなら、この世に無駄なものは一つとしてないからです。

 

すべては仏のはからいと受けとめていくことが大事です。我々は何一つとして自分がはからったものはない。親から先祖からこの命を受け継いで生を受けた。そして、その後もいろんな人のお陰さま、宇宙の一切合切のお陰さまで生かされている。すべてがはからいであり、今必要なものがちゃんと整っているんだと、必要があるから触れているんだと。まさに縁起の法則から言えば、すべては無駄なものは何もないんだということです。今、この瞬間が一番有り難い瞬間なんだと本来は思えないといけないわけであります。

 

私たちが見たり聞いたり経験したりすることはすべて「肯定、肯定、絶対肯定」する以外に、受けとめようがないということです。どれほどつらいことも人生を豊かにする賜り物であり、すべては肯定すべき感謝の対象にほかならないのです。

 

すべてのことがあるがままに尊い仏性、仏の現れであるということであれば、それは全て肯定すべきものであります。ですから、不平不満や愚痴や不足を言う対象ではないのであり、全てが感謝できるものに変わってくるはずです。すぐに有り難いと感じられる人ばかりではなく、気付く時や度合いは違っていいのです。それが見えるようになる時はきっと来るのですと確認して頂きました。

 

 

ものごとを肯定的に受けとめられないときに、自己をふり返るポイントをおさえてみましょう。人を否定する気持ちが拭えないときには、「やさしさを忘れていないか」。現象を肯定できないときには、「素直さを失っていないか」。この二点です。自分の思い、つまり我でものごとを見るとき、人はやさしさや素直さを見失いがちなのです。

 

ものごとを肯定して見るとは、何事に対しても大らかに楽々と生きるということです。まさに開祖さまの「一乗大らかに、夢、堂々」ですね。肯定的な見方と否定的な見方は同時に存在するわけですが、どちらが幸せかはこのことからも明らかですよね。そして、さらにそれを感謝で受けとめられることが最高の生き方ですと教えて頂いています。

 

今年の年頭ご法話で「有り難し」「有ること難し」その根本は、まず人としての命を今この世に生を受けているということが、何よりも尊く有り難いこと。何もなくても命があるということに感謝できるということが究極の仏さまの教える、お釈迦さまの教える幸せの境地であると教えて頂きました。

また、そのことを受けて、「真因」―悟りに至る道―は我々一人ひとりが内に持っている。真実の原因としてちゃんと持っている。そのことにどう気付くか、肯定的に見るのか、否定的に見るのかで違ってくることを確認して頂きました。

 

思考の三原則①目先に捉われないで長い目で長期的に見ることが大事②物事の一面だけでなくてできるだけ多面的に全面的に客観的に観察する③枝葉末節、言葉や態度にこだわることなく根本的に見ることが大事です。

3月という創立の月に、開祖さまが一人でも多くの人に幸せになってもらいたいというその御心をしっかりと、私たちが我が願いとして菩薩行―導き・手取りに心を向けていくのが大事な役割だと思います。

 

今月も明るく、優しく、温かく、そして明るく、楽しく、元気よく菩薩行の実践をさせて頂きたいと思います!!どうぞよろしくお願いいたします。

 文責者

 私はしょっちゅう否定人間になり、不平不満や愚痴を言ってしまいます。でも、その奥の本当の私は、大事にしたい、丁寧にしたい、みんなの幸せを願っている心があるんだと思わせて頂きました。有り難うございました。     Rie



朔日参り(会長法話) | 10:56:16 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad