■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
椎名教会長さんを囲んでの支部大法座
昨年の11月3日椎名教会長さんが支部会員さんとのご縁を大切に
大法座を開いてくださいました。
椎名教会長さんは会員さんのひとつひとつの言葉を
しっかり、温かい眼差しで聞き入っていらっしゃいました。

教会長さん、サンガの仲間の顔を一目見たいと
体調が思わしくない中、会場へ足を運んできてくれた会員さん
久しく会う方もいますが、時間の隔たりを感じないほどのがありました。

様子

限られた時間での大法座では途切れることなく手を上げて
会員さんが教会長さんに結んで頂いておられました。

大法座では会員さんの苦しみを我が身に起きたこととして
涙する会員さんもおられました。

さりげない心遣いが温かい
話の途中、感極まり言葉が発せられなくなった会員さんの
背中にそっと手を添え、さする様子が見受けられました。
慈悲の精神が根付いていると感じました。

年輪を重ねた手
合掌
何度、手を合わせたことでしょう

懺悔、人さまのため、感謝の気持ち
その手で何人の方を救ってこられたのでしょう
入会45年 85歳
まだこれからも学び続けたいと自ら信仰の道を歩まれています。

まさかの坂が私には必要でした
ご法のお陰さまで
幾度とない苦悩にも逃げ出さず乗り越えられた強さ
振り返った人生にその方の謙虚さを感じました。


椎名教会長さん送別会

同日大法座終了後、会員さん宅で椎名教会長さんの送別会を行いました。

送別会では会員がひとりひとり教会長さんに、いままでご指導頂いたお礼を伝え、第2部大法座が始まりました。

法座では皆、幼子
”聞くもの全て吸収しよう”幼子のように純粋にキラキラ輝く瞳
ある会員さんは息子ほど年の差のある教会長さんに心から謙虚でした。

教会長さん直筆
直筆
会員さんに宛てた一文字
会員さんは家宝とおっしゃっていました

大家族!!
大家族
いつも誰かが支えてくださるお陰さまです。
厨房では温かいお吸い物を出すため大忙しでした。

手作りのケーキ(^o^)
ケーキ
会員さんが気持ちを込めて焼いてきてくれました。
この他にもチーズケーキがありましたよ

記念写真
記念写真
皆さん、いい顔していますね。

椎名教会長さんありがとうございました。

安芸支部  おしどり

安芸支部 | 17:25:57 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad