■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
ご本尊再勧請のお手配を頂いて
 

加古山家ご本尊再勧請


高田支部ではK家が、11月6日の第19回勧請式において、ご本尊再勧請のお手配を頂かれました。5日、S支部長さん引率のもと、ご本部での勧請式に出発されました。
 K家は、今まで、軸装のご本尊を安置しておられましたが、この度、立像のご本尊を勧請されることになったのです。再勧請のきっかけは、軸装のご本尊が虫食いの状態だったため、荘厳にするために、立像のご本尊をということでした。再勧請というと、今までのご本尊からの継続という印象をもちがちですが、支部長さんが、K家の再勧請に向けての心構えを教会長さんにご指導いただくと、『真っ白な気持ちで、ご本尊を勧請してください。』というお言葉をくださったそうです。Kさんが頂いたその言葉は、Kさんだけでなく、支部長さん、主任さんが頂いた言葉だと心が一つに繋がりました。
 安置式までは、支部の方々が地区を越え、心配りをしてくださり、ご宝前を荘厳にととのえることができました。多くの方々が、一人ひとり自ら、できることをさせて頂かれ、ご本尊さまに真心をお供えされました。盛り物がお盆に入りきらないほど多く、より大きなお盆に盛らせて頂きました。それでも、あふれんばかりの盛り物となり、盛り物担当の主任さんが、お盆からはみ出たカブのことを最後まで心配されていました。
 勧請式の翌日の7日、午前10時から安置式がとり行われました。当日はお天気もよく、お迎えのお役の方が、玄関先で、安置式のお役の方(導師、脇導師、司会)をお迎えされました。そして、立像のご本尊さまをご宝前にご安置させていただき、安置式のご供養が行われました。
 安置式終了後、Kさんは、「『仏さまはどこまでも、信仰とは何なのか、何のために信仰しているのだ』と問い続けておられるように思います。」と皆さんの前で、感想を述べられました。本当に、ありがたい安置式でした。
  



高田支部 | 16:10:24 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad