■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
『佼成』会長法話 平成28年11月号
会長法話 「 笑顔が幸せをつくる 」を拝読して

齋藤教会長ご講話の要旨

 今年は開祖さま生誕110年にあたり、佼成ニュースの中で、毎月、開祖さまご著書『この道』をかみしめさせて頂いております。開祖さまのお姿を拝見したり、感じたり、聞いたりするだけで、なぜか涙がじわーっと出て来て、開祖さまの存在はすごいなと思います。私たちは知らず知らずに、手を引かれ、道を示して頂いて、もう大道を歩んでいる、そのことを忘れてはいないでしょうか。
開祖さまが示してくださった道を、歩ませて頂いている一人ひとりだったなと感じました。開祖さまの弟子としての自分の役割に気づいていこう、行動をしていこうと思わせて頂きました。

【 笑顔も精進の一つ 】

 家族が笑顔でいられるのはそれだけで幸せだと思いますが、「いつもニコニコしている秘訣は何か」と問われた開祖さまは「いつも裸でいるからですよ」と答えています。
(『佼成』平成28年6月号「開祖法語録」より)


 笑顔の理由の一つが、我の鎧兜(よろいかぶと)を脱いで裸になること、それは素直にありのままでいられることです。開祖さまも人間だから、つらいことや苦しい事もあったはずですが、いつもニコニコされていました。

でも、会長先生は、「若いころには開祖さまも写真を見ると笑顔がほとんどなかった」と話してくださっています。開祖さまも笑顔でいられない時もあったのだと、逆に何かほっとする気がします。ご苦労を乗り越えられたからこそ、真の笑顔をもって、開祖さまはいつもニコニコしておられたのですね。蓮の花のように、泥水の中にあって大変な思いをされ、いろいろなご修行があった時代もありました。学び続けてこられた法華経の教えに戻り、実践してこられたからこそ、真の笑顔になられたのだと、そのように確認させて頂きました。

 「開祖さまは、受けがたいさまざまな困難に出合われても、ニコニコとお受けになられた」と大滝雅子さんは語っておられます。どんなことに出合っても、ニコニコとお受けになられたことが、すごいことだなと思うのです。
 それは、悲しみや怒りや無念さを抑えて、笑顔に昇華される修行があったのだということです。そして、「ニコニコ顔」の精進によって、ほんとうの笑顔に昇華されていったのです。つらい出来事をすぐ笑顔の種に変えられる、それがまさに信仰なのですよと、教えて頂いています。

 修行精進が笑顔をつくっていく、そこに幸せがあるのだと、開祖さまが身をもってお示し下さっていたのです。つらいこと、悲しいこと、困難に出あっても、教えの如くに実践していく、仏さまの物の見方・受けとめ方に変えていく、そのことが幸せをつくっていけるのですとの確認を頂きました。

【 みんなのための笑顔 】

 笑いには、身体を健康にしていくことも証明されています。また、人と人を仲良くさせる調和の効果もあるのです。そんな幸せに至る一歩が笑顔にあるのだということです。
 笑顔の功徳と共に、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の詩を引用され、賢治の「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」との言葉について、教えてくださっています。

 これは法華経の普回向の一節「我等と衆生と皆共に仏道を成ぜん」に基づくもので、「みんなが幸せになることを念願します」ということにつながります。

 宮沢賢治の言葉は、法華経に説かれている、私たちの生きていく、私たちの修行の目的であるということです。そのことが念頭にあるからこそ、賢治自身も、貪ったり怒ったり、人を憎んだりしないで「いつも静かに笑っている」、そんな生き方をしていられたのだということです。開祖さまと一緒で、自分自身の幸せと同時に、みんなの幸せを願うところから生まれてくる笑顔です。
 笑顔でいられるためには、自分自身が幸せになるための精進と共に、私たちがしっかりと人さまの幸せを願っていくことです。

 私たちは、普回向の精神による菩薩の笑顔を忘れずに、開祖さま生誕110年を迎える時だからこそ、開祖さま譲りの笑顔をあらわしていけるようになりたいものです。作り笑いではなく、自然と醸し出される笑顔の私たち一人ひとりになれるよう、そのためにも、人さまのための実践をさせて頂きたいと思います。

 11月15日、開祖さま生誕110年を迎えます。開祖さまのお陰さまで、今ある私たち一人ひとりを、身体で、心で、みんなで感じていけるような11月15日を迎えたいと思います。
報恩感謝ですから、感謝だけでなく「幸せなら態度で示そうよ」という歌のように、布施行、お導き、これが菩薩行で一番尊い慈悲の実践と教えて頂いていますので、精いっぱい親孝行させて頂きたいと思います。

 12月3日~4日今年最後のご本部参拝、一年のお礼言上に140名が行かせて頂きます。一人でも多くの子どもたち、青年たちを送りだし、尊い思い出をつくってきて頂きたいと思います。

 今月は開祖さま生誕会の月、そして一年の締めくくりの時です。12月の団参に向けても、私たちの感謝の思いを、いろいろな形であらわせるような日々を過ごせるかと思います。
 開祖さまの笑顔にならって、笑顔で一年のしめくくりをさせて頂きたいと思わせて頂きます。今月もどうぞよろしくお願いいたします。合掌


朔日参り(会長法話) | 15:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad