■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
35年ぶりのコンサート、練習、練習、感動
音楽にどっぷりとつかった、5ヶ月でした。




マンドリン 




35年ぶりに、オーケストラの合奏で演奏会に出ることができました。大学時代のマンドリンクラブOB、各マンドリンサークル関係の人々が集まり、9月18日アステールプラザで【広島メモリアルマンドリンコンサート】をおこないました。
声をかけられたのは、4月末、練習は5月中旬近くの公民館などで、隔週1回のペースで練習しました。
初回の練習では(なんだこの空気は!!)、圧倒されました。周りは懐かしい先輩の顔、そして、後輩の顔、みんな、年輪を重ねていますが、みんな、【音楽が飯より好き】という人たちで、すごいエネルギーを感じました。




興味ある方は広島メモリアルコンサートをクリックすればフェイスブックにつながり、練習の様子などが見られます。
初日の練習では、かわるがわる、指揮者が振る指揮についていけず、まったく音楽にのることができませんでした。空気に圧倒された感がありました。自分のパートは、ギターですが、ある程度自宅で弾けても、合奏で弾くためには、さらに完璧な、リズム、拍子が求められ、ついていけませんでした。音楽が先にすすんでいっている感じがしました。【練習足りないな!!】と改めて知らされた、1日でした。
練習は月2回のペースで進んでいきました。私が弾かなければならない曲は6曲、
結構な速度のテンポと、覚えなければならないフレーズがあります。みんなに取り残されないよう、一生懸命練習しました。できる時間はすべて練習にまわしました。最後の練習日までに、70パーセントできるようになっていました。よくいえば(-_-;)
30パーセントできないところは、何とかして演奏会前日まであきらめず頑張るのみでした。
そして演奏会当日、
ジャーン♪~-------------------拍手
最後の和音がおわり、拍手で幕が下りました。ホッとする瞬間でした。
 --------とここまで書いて、筆が折れ、今は立冬も過ぎ、山茶花の花がちらほら咲き始める、11月中旬になってしまいました。




さざんか 



音楽の感動を、文章でと、いろいろ下書きをしてみましたが、私の文章力ではできそうにありません。あきらめます。
所詮、言葉で表すこと自体不可能なかもしれません。私的に定義すれば、【移り変わっていく音の力で弾く人、聴く人を楽しくさせること】
 とにかく、できなかった30パーセントが弾けるように、毎日練習を積み重ねる以外になさそうです。
リズムや奏法を教えてくれた、先輩、後輩の方々、本当にありがとうございました。
元気な姿を見て、音楽をされている姿から元気をいただきました。
私の音楽三昧の5ヶ月でした。

                                   伝道メディア    Y . O

伝道メディアより | 15:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad