■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
第4回 広島県壮年練成会に参加して
 平成28年7月16日(土)~17日(日)、福山教会において第4回広島県壮年練成会が『自分再発見 ~自分のいいところ、
知っていますか?~』 というテーマで行われました。
本部教育グループより、 原 章雄次長、安藤欣司壮年教育担当を講師に迎え、齋藤高市中国教区長が特別参加されました。
 この練成は「自分のテーマを持つ(ダーナ魂・俺の誓願)」、練成を通して、各自がそれぞれのテーマ(実践内容)を持ち、これか
らの自分の人生を前向きに生きていくことを目指すという目的で計画されました。
 全体で100余名の参加者があり、広島教会から25名の壮年が参加しました。6名の方の感想を紹介させて頂きます。

 ① いろいろな事を学ばせて頂き、大変勉強になったのですが、広島県の各教会の壮年さん      達との出会いがあり、私が相手のことを知らなくても、相手が私のことを知っている方もあり、良かったと思いました。
               ( 安芸支部  N.T )

② 今年の4月に説法のお役をさせて頂いたのですが、その説法原稿を書いている時に、佼成新聞の記事を見て、ある一節が目に留まりました。それは、川端理事長さんが開祖さまの開祖隋感を紹介された言葉で、「すべて仏さまが、ご照覧だと信じ切ることにあります。」と書かれてあり、私の心に響いたのです。そして、この度の壮年練成に参加させて頂き、その練成にサプライズで川端理事長さんが来られ、直接、お話をする機会を頂きました。
理事長さんは、深くうなずいてくださり、この教えは間違いないんだなと、改めて確信できました。計らいを素直に受ける、できる、できないと思うのではなく、素直に、有難く、
感謝で受けとめることの大切さを教えて頂きました。
               ( 広島支部  M.Y )

③ 約100名近い壮年さん達が集い、教会の枠を越えた話し合いは、大変有意義でした。毎回のサプライズも良かったです。
               ( 高田支部  T.K )

④ 7月16、17日の両日、壮年練成に参加させて頂き、ありがとうございました。理事長さんのお話を聴かせて頂き、今生かされている自分、ご先祖さまより、マラソンのリレーのごとく、連綿と続いて「いのち」を頂いていることに感謝致したいと思います。
               ( 南支部  Y.I )

⑤ 広島教会壮年部、何とかしなきゃ。今でしょ!
               ( 城北支部  Y.H )

⑥ この度は、川端理事長さんもお越しになられての練成でした。壮年布教のめざすものとして、各自壮年がみ教えを頂いているすばらしい存在であることを自覚し、自らが行動することの大切さを教えて頂きました。ありがとうございました。
               ( 壮年副部長  Y.Ⅰ )

    ※ 後日、 県壮年練成に参加した24名の壮年(広島教会)の決意が「ダーナ魂『俺たちの伝道宣言』」と題して
      道場に掲示され ました。

                                          IMG_2162.jpg 






壮年部 | 15:00:11 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad