■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
釈迦牟尼仏ご命日・布薩の日団参   5月14~15日
 平成28年5月14日~15日、釈迦牟尼仏ご命日・布薩の日本部参拝に広島教会から100名が参加しました。
新幹線の品川駅到着後、浜離宮恩賜庭園に行き、公園内を散策させていただきました。
この庭園は、海水を引き入れた潮入の池と、二つの鴨場を伝え、江戸時代には、江戸城の「出城」としての
機能を果たしていた徳川将軍家の庭園で、十一代将軍家斉の時代に、ほぼ現在の姿の庭園が完成し、
明治維新ののちは皇居の離宮となり、名称を「浜離宮」と変え、終戦後の昭和20年11月3日、東京都に下賜され、
整備ののちに昭和21年4月から、「浜離宮恩賜庭園」として公開されました。その後、昭和27年11月22日に
「旧浜離宮庭園」として国の特別名勝及び特別史跡に指定されました。
 ちょうど、ぼたんもふじも花が終わっていたので、下の写真の300年の松が際立って印象に残りました。

matu2
300年の松

 関東大震災、東京大空襲からも難を逃れ、300年間に生き続けた松に思わず、手を合わせたいような気持ちになり、
また、松の手入れに今日までかかわってこられた、多くの方々に対して、感謝の思いが湧いてきました。

浜離宮を後にして、いよいよ本部の団参会館に到着。おいしい夕食を頂いた後、選択プログラム(大法座、歌唱指導など)
に参加。入浴後、同室の人たちと本音で話をし、今日の出会いに感謝しながら床につき、第一日目の終了です。

第二日目の5月15日は、大聖堂入仏落慶の記念すべき日です。開祖生誕110年の今年、この日に団参に来させて頂
けたことに感銘をうけ、午前6時の大聖堂でのご供養の縁にあった後、一乗宝塔にお参りしました。朝食を頂いて、再び、
大聖堂での式典に参加しました。光祥さまご導師のもと、読経供養、開祖さま讃歎歌「みこころに生きる」を斉唱、その後
バチカン諸宗教対話評議会のアユソ次官のあいさつ、第33回庭野平和賞受賞団体ー「和解と平和構築センター」(CPBR)
共同設立者セネヴィラトネ氏のあいさつ、石巻教会の壮年部長さんの説法、会長先生のご法話を拝聴させて頂きました。
開祖さまが人を救い世を立て直すために立正佼成会を創立され、宗教協力を通して世界平和実現のために命がけでご尽力
してこられたことを証明されるような式典でした。今、この場にいる我が身のありがたさを深くかみしめ、開祖さま、会長先生の
弟子として精一杯この身を使わせて頂こうと決定しました。

                                   伝道メディア    Y.F

参加者の感想も追加で紹介しますので、楽しみにしていてください。




☆ 3年前の5月に入会して初めて、団参に参加させて頂きました。ご本尊さまにお会したいという願いがかなって、ありがた
 かったです。自分の目に映ったご本仏さまのお顔がにこにこ笑顔だったので、うれしかったです。同じ部屋の東広島支部の
 3人の方も初めて会ったような気がせず、導きの親と私と5人で、楽しくいろんなお話ができ、学ばせて頂きました。何年も前
 から主人の知り合いのM壮年さんから本部に行ってご本尊さまを拝ませてもらったら、ものの見方・考え方が変わり、自分の
 ためになるから土日の日程の団参があったら、行った方がいいよとすすめられていました。今まで遠かった広島教会が、団
 参に行く当日の14日の朝にお参りしたことで、近くなったように感じました。
                                                           (高田支部 H.N)

☆ 親子3人で参加された安芸支部Nさん一家
     ・父…行きの新幹線に乗った時、何年かぶりで家族で来たのに席が別々で、 いきなり腹が立ったが、すぐに
         対応してくださって、席をかえていただきました。最近、妻と娘と三人で行動することがなかったのですが、
         今回の団参のおかげさまで、一日目の夜、一緒に外出する機会を頂いたことで、より絆が深まったよう
         に感じ、うれしかったです。    
     ・母…5年前、3人で来させてもらって以来の家族での本部参拝で、単なる旅行とちがって、本当にありがたかったです。
         光祥さまとも近くでお会いできて、感動しました。
     ・高1の娘…テスト期間中だったのですが、仏さまのところに来れて、よかったです。

☆ 3月の春の彼岸会の奉献の儀は親子でということで、声をかけて頂き、母と私がお役をさせて頂きました。そして、
 5月は又、こうして親子で団参に来させて頂き、何か不思儀なはからいを感じます。外国の方のお話、説法、会長先
 生のご法話を聴かせて頂くことができ、よかったです。その後の法座で、夜、眠れなかったことを話すと、法座主さん
 がかかわってくださり、会社の中での人間関係で悩んでいる事をきいてくださいまし た。最初からそのことを話そうと
 思ってはいなかったのですが、自然に引き出され、仏さまの深いお慈悲を感じました。以前に結んで頂いた時、三部経
 の二十番をあげるようご指導 頂いておりましたが、実践できていませんでした。法座主さんからそのことを続けていく
 よう、お言葉を頂き、実践することを決定させていただきました。 
                                        (江波支部M.N)

☆ 久しぶりの団参でした。多くの人たちの話を聞くことができ、とても充実した二日間を過ごすことができました。中でも、
 法座で大変辛い思いをしながらも前向きに生活している人の話を聞き、明日から自分も頑張っていこうと思えることが
 できました。                               (廿日市支部 K.N)  
 
総合 | 11:19:13 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad