■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
『佼成』会長法話 平成28年3月号
会長法話『悪いことはしない』を拝読して

齋藤教会長ご講話の要旨

 年頭ご法話で会長先生から「大事なことを伝えよう」と確認して頂き、大事な事とは何か、お釈迦様の教えを正しく受けとめて、しっかり伝えていくこと。その教えを私たちにわかりやすくお伝え下さった開祖さまの願いは、私たちがそのことを伝えていくことだと思います。
 佼成のご法話の1月には「まず人さま」、2月には「私心を去る」、と大事なことを確認して下さり、このように歩んでいくことが私の願いのすべてだと、お釈迦さま、開祖さまのお心を、会長先生が、一つ一つかみしめてくださいました。
 3月は「悪いことはしない」というタイトルですが、それは「善いことをする」という人間本来の大事に気づいていくことが大切であることを、お示しくださいました。

【 悪いこととは何か 】 

 真理・法にそった言行が善であり、自他の命の尊厳を軽んじる言行が悪であるということになるでしょう。

悔いなく生きるには悪いことをしない―これは、まさに人生の鉄則といえましょう。

慈雲尊者「十善これ菩薩の道場なり」
この十悪を犯さないところに私たちの学道<仏道を学び修行する>があり、それが「人となる道」だというのです。


自他の命の尊厳を損なわない。十悪をなさない。そのことが人として大事なのだということをお示しくださいました。

【 善いことをする 】

 釈尊は「十悪を犯さない」いう具体的なテーマを私たちに与えてくれています。そのことを意識することによって、私たちは、その行為をしないように、自らを戒めていこう、そして、自他のいのちの尊さを自覚できるように、本来の大事な尊いこと、真理に気づけるように促してくださっているのです。

 「七仏通戒偈」の最初のことば「諸悪莫作(しょあくまくさ)」について、道元禅師は、「仏さまの教えを頂き、仏道を歩み、自他の命の尊さを自覚して生きると、おのずから、もう悪いことはしない」との意味で「悪をなすことがない」と読むのですと、会長先生はお示しくださっています。

 「諸悪莫作」の一句は、「悪いことをしてはならない」との戒めというより、「自他の命の尊厳に気づけば、善いことをする」という、私たちの本性を示す一句といえるのです。

 仏さまの教えに結縁し、人として大事なこと、自他の命の尊さに気づくことが、悪をなさないですむ、安らかなありがたい生き方をしていけることです。

 後悔しないために悪をなさない。楽しくうれしいことであれば善行であると確認して下さっています。明るく、楽しく、ありがたく、日々過ごしていく、善いおこないを繰り返していくことが大事なのだとのお言葉を頂戴いたしました。

 大事な根本は、自他のいのちの尊さに気づく、そのことがわかれば、自ずと私たちは素晴らしい生き方ができる、善いことをなしていける、そんな一人ひとりになっていけるのだ、そのことをしっかりとかみしめることが大事だと思わせていただきました。

 創立記念の月を迎え、改めて、開祖さま、会長先生のお陰さまで私たちは今この尊いみ教えに出会えています。その大本への感謝をし、広島教会の本年次二大行事の一つである「春季彼岸会法要」では、命の大本への感謝、そのことをしっかりとかみしめていくことが大事だと思います。

 「一人でも多くの人に法華経に示された人間の生き方を知ってもらい、本当の幸せを自分のものにしていただきたい。そして、私の努力のすべては、この願いに発しているといっても過言ではない」との創立61周年の3月5日、会長先生が代読された開祖さまの最期の創立記念式典でのお言葉こそが、開祖さまの生涯の願いであり、テーマなのです。

 大聖堂建立の際、「いよいよ大衆教化のスタートだ!」と述べられた開祖さま。私たちは開祖さまの直弟子としての自覚をもって、「一人でも多くの人に、この教えを伝えて、幸せになってもらいたい」との願いを我が願いとして、しっかりと精進させて頂きたいと思います。皆さまと共に、すべての人々の幸せのために、わが身を使わせて頂くスタートを切らせて頂きたいと思います。今月も、どうぞよろしくお願いいたします。 合掌


朔日参り(会長法話) | 14:41:13 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad