■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
成人式
 平成28年1月10日(日)、広島教会において、成人式が行われました。
       
   


                  3_R4.jpg

 今年は、新成人10名が出席し、ご両親や親族、青年部をはじめとして多くの会員さんが、共にお祝いしました。
 青年部長導師の元、読経供養(方便品第二、如来寿量品第十六)が行われました。
 その後、実行委員長あいさつ、成人者紹介がありました。
 成人者を代表して、安芸支部Yさん(男子)が高校卒業後、、社会人となり、家族と離れて東京で生活する中で、
 社会の厳しさを味わい、家族への感謝の思いが深まったこと、これから自分自身、成人を迎えた仲間とともに
 「責任と自覚」をもって歩んで いきたいという決意を述べられました。
 
      4_R4.jpg

 教会長さんが成人者一人ひとりに記念品を贈呈され、成人式を迎えるにあたり、二十年間を振り返り、多くの人に支えられきたことに感謝をしていくことの大切さを話してくださいました。そして、会長先生 のご著書『心田を耕す』の第四章、生きがい・生まれがいの中の「幸せへの道」- 感謝と菩薩行というところを拝読してくださり、会長先生が私たちが幸せになるポイントを二つあげてくださっていることを分けて頂きました。

 (1) 感謝できる人間になることです。その感謝は、まず自らのいのちの尊さに気づき、人間として生を受けたことへの感謝です。         
 (2) 人に喜びを与えることのできる人間になることです。 菩薩行をすることです。
 
     すべてを有難く受けとめ、人さまに喜びを与えるようにつとめる。
     そして、日々を全力を出しきって生きる。
     これが幸福への道です。


               5_R4.jpg

 そして、今、目の前にあること(仕事、勉強、家事)を一生懸命にすること、毎日 全力を尽くしていくこと、人さまのために我が身を使い、感謝をあらわすことの大切さを説いてくださいました。 神さま、仏さま、ご先祖様に手を合わせ(合掌し)、自分のことは後にして「まず、人さま」と感謝の実践行をさせていただきましょうという言葉であいさつを結ばれました。
  
6_R4.jpg

自分自身の何十年も前の成人式当時のことを思い起こしながら、教えのご縁を頂いて、人間としてどう生きていけばいいか示して頂いている境涯の有難さをかみしめ、教えて頂いたことを身につくまで、実践していこうと思いました。

                                     伝道メディア   Y.F

総合 | 13:48:35 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad