■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
盂蘭盆会団参に参加して(7月14~15日)
平成26年7月14~15日、盂蘭盆会団参に中井支部長さん引率のもと、広島教会から40名の方が参加されました。
4名の方の感想を紹介させて頂きます。

 初めて団参に行かせて頂き、ご本部がひとつの街だったことに感動しました。
ご本仏さまが、どの宗教にも通じるような一体となった宇宙そのものだと感じました。 (宇宙そのもののご本仏さま)
時間的にゆったりしていたので、じっくり味わい、楽しむことができました。          〈 高陽支部 Mさん 〉

 7月15日の盂蘭盆会団参に導きの親と一緒にお参りさせていただきました。14日の夜の大法座で、法座主さんの善き縁を頂いて、自分の心の中にあった思いを出すことができ ました。聴いて頂いたお陰さまで心が開き、魂が救われるような感動を味わうことができました。翌日の式典では 教師としてお戒名読み上げのお役を頂いたおかげさまで、新盆にあたる祖母(114歳)と義兄(58歳)のお戒名を大聖堂で心をこめて読み上げさせて頂くことができました。 今後も人様の善き縁になり、お役に立てるよう精進させて頂きます。ありがとうございました。    〈 廿日市支部 Kさん 〉
                                                        
 我々夫婦に今回の団参の声がかかり、あまり、気乗りがしなかったのですが、受けさせて頂きました。           
支部からは2名、男性は私を含め3名の参加でした。佼成会員となって40数年、本部の盂蘭盆会の行事のご縁にあうのは初めてのことでした。盂蘭盆会の式典でご供養させていただく中で、結婚して46年、私自身の3年前の大病後、先祖の御霊に供養申し上げる盂蘭盆会の団参にこうして夫婦そろって参加できたことに、感射の心でいっぱいになりました。                〈 城北支部 O壮年さん 〉  

 足の悪いお陰さまで14日は車いすで法輪閣の胎内経の部屋に瞬時ですが入館でき、開祖さまとのご因縁を深くかみしめさせて頂きました。盂蘭盆会で読み上げて頂く五体のお戒名の中に娘の彼氏のお祖母さんの お戒名を書かせて頂きました。長年、会っていなかったお父さんから彼氏の誕生日に「誕生日、おめでとう」 という電話が入り、本人もびっくりしていました 私は、小さい頃から母親がわりに彼氏を育ててくださったお祖母さんが喜んでくださっているのだと思いました。8月19日がお父さんの還暦の誕生日なので福岡の家にお祝いに行こうと娘が提案し、彼氏も父親に対する長年の思いを感謝の心に切り替え、父親に会いに行くことに同意してくれました。 仏さまのお陰さまで、団参に行かせて頂く前からご守護を頂きました。15日の盂蘭盆会式典で会長先生のご法話を拝聴させていただき、今まで親子が離れ離れに修行されたのは大輪の蓮の花を咲かせるための仏さまの試練だったのだと気づかせていただきました。どんなご縁もすべて大輪の蓮の花を 咲かせるために仏さまから頂いている有難いご縁なのだと確信することができました。
み仏さま、開祖さま、会長先生、ありがとうございました。                   〈 高田支部 Sさん 〉
  

総合 | 14:04:14 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad