■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
第2回壮年セミナー
平成26年6月29日(日)、第2回壮年セミナーが本村和則講師さんをお迎えして
『仏教から学ぶ日常生活』というテーマで行われました。
IMG_0905_R.jpg
IMG_0904_R.jpg
IMG_0903_R.jpg

参加された方の感想を紹介させていただきます。

1、今回のセミナーに参加して印象に残ったことは、開祖さまの壮年部に対する
2つの期待です。
 (1)青少年の育成(2)地域社会の一流人としての実力を身につけるという点です。
  まさに今、職場では若手職員の育成が喫緊の課題であり何とか法華経の教えを
生かせたらと思いながら 聴かせていただきました。また、忙しい壮年はどこでも
活躍していることを聞き、魅力ある壮年を目指して 磨きをかける必要性を感じました。 ( K 壮年 )


2、これからの自分の生き方の勉強になりました。
  家庭の中、会社の中での自分の立場が理解できました。
  今後、壮年として自らを高めるためご供養、ご法の習学、導き・手取り・法座を
  繰り返し頑張ろうと思いました。         ( I 壮年 )

3、私はまだ、十分理解しているとは言えませんが、法華経の教えはすごいと感じています。
  会社や家庭など、わたしの活動範囲の中で少しでも何か修行ができればという気持ちも
  芽生えていると思います。今日の講演は、その思いを後押ししてくれたのではないかと
  感じております。まず、今日妻に話してみようと思っています。   ( O 壮年 )

4、法の実践との事で職場及び関係会社(縁)にても実践させて頂いておりますが、
  これからも積極的に実践させていただこうと思わせて頂きました。 ( S 壮年 )


5、開祖さまの創立の精神と共に、壮年としての心構え、日常生活の中でのご法を生かした
  生き方を教えてもらい、数多くの事例と成功された方の精神の持ち方を学ばせて頂きました。
  菩薩行は犠牲を払ってこそ行じられると感じました。   ( T 壮年 )

壮年部 | 15:27:32 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad