■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
明るい社会づくり運動のとりくみ
【 明るい社会づくり運動】と呼ばれる非営利団体があるのをご存知でしょうか?
正確には、特定非営利活動法人【明るい社会づくり運動】といいます。
ホームページがありますのでリンクを張っておきます。
ここでは、その活動の一つとして、アルミ缶の回収に焦点を当てたいと思います。
話を展開する前に、【明るい社会づくり運動 佐伯区協議会 会長 免出 和子】より運動の趣旨説明がありますので
ご紹介いたします。
本文
 明るい社会づくり運動は一人ひとりの善意により「感謝、協調、奉仕」を基盤としております。
私たちの日常の生活の中で、毎日多くの廃棄物(ゴミ)が出され、行政(市)の責任として収集処分が行われています。
現在は廃棄物の減量の必要性に基づき、分別収集をし、資源再利用(リサイクル)をされるようになっております。
 各町内会に於かれましても、町内会の資源として、収集されている町内もあり、区民の皆様の協力体制が整っております。
私たちも「勿体ない運動」として、皆様にご協力いただき、資源としても価値の高いアルミ缶の回収に、本会の事業としてこの運動を展開してまいりました。
この収益金は、皆様がご存知のように、「むぎの家作業所」、「ほほえみ作業所」、「幸工房」など、社会福祉事業団や震災被災地域の方々に寄贈させて頂いております。
この度、改めて趣旨を確認し、さらに拡張していけるよう希望を持って行動できればと願っております。
アルミ缶は、水洗いして、潰してくだされば非常に助かります。)

以上
地域別回収場所、担当者など詳しいことは、文頭【明るい社会づくり運動】をクリックして、ホームページで確認していただき、お問い合わせくださいますよう
お願いいたします。

収集拠点の回収の状態の写真を載せておきます。


                    アルミ缶集積場.JPG 


ちなみに、アルミ缶1kgのねだんは約100円とかんがえてください。
350mlのアルミ缶の重さ15グラム、約67本で1kgとなるかんじょうです。軽トラに潰さないと何本ぐらい乗せられるか計算の好きな人はやってみてください。
金額にするとこれだけかになりますよ。
アルミのもとはボーキサイトという鉱石です。日本にはありません。すべて輸入です。
車、飛行機、など様々な分野で活躍するアルミ、大量に出まわているアルミ缶をリサイクルして使わない手はありません。
アルミ缶のリサイクルは経済的だそうです。リンクを張りますのでクリックしてみてください。
さて明るい社会を作るためにしなくてはいけないことはなんでしょうか。
ここで,明るい社会=一人ひとりの幸福のあつまり。と定義しましょう。
会員綱領から引用すると【家庭社会国家世界の平和境建設のため挺身する~】とあります。家庭の前は個人一人ひとりです。
いいかえれば、一人ひとりの幸福が社会の幸福であるということです。
明るい社会づくり運動の基盤は、感謝、協調、奉仕とあります。アルミ缶回収に参加される方々が、物や心に感謝し、みんなと息を合わせ協力し、汗を流せばそれだけの結果が残ります。金額の大小ではありません。快い達成感は、一人ひとりを幸福にするでしょう。一人ひとりの集まりは、社会です。
平和境と幸福この二つの違いはどこにあるのでしょうか?ブログ担当者Y.Oには限りなく、同じに見えます。
障害のある方々を直接応援できるこのような活動、運動は重要だと思います。
なぜなら、わくしたち健常者は障害のある方々があってこそ存在しているからです。彼らが少しでも私たち健常者とおなじ生活が出来るよう、幸せになれるよう、応援の手を貸していただけるよう、切にお願いいたします。

最後に子供たちがアルミ缶回収の手伝いをしている写真を載せておきまます。がんばっていますね。



                        子供たちのアルミ缶回収.jpg 


五日市支部ブログ担当Y.O




伝道メディアより | 11:10:53 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad