■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
教会長メッセージ
皆さん、こんにちは!広島教会の教会長を拝命いたしました鈴木孝太郎です。
鈴木教会長 (320x276)

教会長就任に当たり、私はいくつかの誓いを立てました。
その中の一つが「いつも笑顔を忘れまい。そして、笑い声の絶えない教会にしよう」というものでした。
すると、どうでしょう。広島教会に着任したその日に、私は会員さんのステキな笑顔とはじけるような笑い声の洗礼を受けたのです。
赴任、早々に、私は広島教会の信者さんが、明るく、笑顔のステキな人ばかりだということを知ることができました。

そんな会員さんに囲まれて、今、私は最高に幸せです。
これから、感謝と歓喜の心で、精進してまいりますので、よろしくお願いいたします。

教会長メッセージ | 22:20:16 | コメント(1)
子供の心を育てる家庭教育 宇品支部
宇品支部では毎月3回、講師さんをお招きして、家庭教育を行っています。

1回は未会員さん組。
地域のお友達をお誘いして、始めは4人くらいで行っていましたが
今では口コミで広がり、大人数になってしまいました。
なので昼の部、夜の部で分かれます。

2回は宇品支部の会員さん。
婦人部さんが主任さんのお宅をお借りして、みんなでお勉強します。

3回は未会員、会員での日曜日組。
平日働いているお母さんの為に、日曜日組を作りました。

毎月講師さんに 『テーマ』 を持って来ていただきます。

★良い子が育つ褒め方、叱り方
★豊な心を育てる
★幼児期のしつけ

この様なテーマで勉強をしていくのですが
先日の未会員さんの家庭教育、昼の部では、
それぞれの悩みを一人ずつ聞いていただきました。

6年生の女の子を持つお母さんは
人が苦手です。
でもPTAで役員になってしまい
人とかかわらないといけないんだけど、とても疲れます。
人から何かを言われると
責められているような気がして胸が苦しくなるんです。


4歳の男の子を持つお母さんは
4歳の息子が嘘をつきました。
普通の顔をして嘘をつくんです!!!
わたしもうどうしたらいいのか、わかりません!!!

こんな質問をされました。

他にも、幼稚園の先生との関わり方や
片付けができない11歳の女の子にどうやって片づけさせたらいいか。
昼の部

じっくり講師さんに聞いていただき
アドバイスをもらい、時には叱られ、時には褒められ、時には涙を流し、
最後は勇気をもらって笑顔で帰る!

みんな色々な悩みを抱えておられます。
悩んでいる内容は違うけど、みんな子供を想う気持ちは同じ。
大切だから、愛おしいから腹が立つ。
立派になってもらいたい。
苦労しない大人になってもらいたい。
そう思う親の気持ちが時々勘違いを起こし
子供に間違ったやり方で接してしまう・・・

誰にも言えない。
誰にも聞けない。
本を読んでもわからない。

そんな悩みを出せる場所があるだけで、お母さんたちの強い味方です。
そして、ここで新しくできた友達は
一緒に勉強をしていく友達から仲間に変わります。
仲間の悩みや失敗談で自分が成長出来たり
気をつけることができたり。

そんな月に一度の家庭教育をみなさんが楽しみにしてくれている事。
とってもありがたいです。

これからも一人でも多くの方に家庭教育を知っていただき
みなさんで学びながら素敵な楽しい子育てをしていきたいと思っています。

次はワーキングママが集まる日曜日組の様子をお伝えします(*^▽^*)


宇品支部 小川 奈美


宇品支部 | 22:25:40 | コメント(4)
「少年部 どんぐり塾」いも掘り
 10月22日(土)、少年部「どんぐり塾」が、東広島支部Tさんの畑で芋掘りをしました。
 天気予報ではあいにくのでした。昨年の芋掘りから「どんぐり塾」の行事にはなぜかがつきものになっていました。今回も!?と心配していましたが当日の朝はが降っておらず一安心

Tさん宅到着。早く来てくれたお友達はTさん宅の柿の木で柿もぎをさせていただき、皮もむかず丸かじりすると甘さにびっくり 貴重な体験をさせていただきました。

いよいよ芋掘りというところで少し
a33

みんな急いでカッパを着て芋掘りスタート。大きな芋が掘っても掘っても次々に芋、芋、芋・・・。みんなやや興奮気味に芋を掘っているうちにいつの間にかもやんでいました。
a37
a36
大きい芋が次々に・・・

芋掘りを終えてから、今掘ったばかりの芋を焼き芋にしていただきました。
a30

婦人部さんが作ってくださった豚汁をいただきながら持参したおにぎりをパクリ。Tさんの田んぼでとれた新米のおむすびをいただき、おなかも心も大満足
a25

食事のあとは『かざぐるま』『魚つりゲーム』『しゃぼん玉』に分かれてそれぞれ楽しくレクをしました。
a29
a27

帰りにはたくさんの掘った芋をお土産に。
a26

お土産の芋はそれぞれどのように食べましたか?芋のツルを持ちかえり料理された婦人部さんもおられましたよ。
a21

今年も無事に芋掘りをさせていただくことができました。会場を快く提供して下さったTさん、東広島支部の方々、壮年部さん、婦人部さん、たくさんの陰役の方のお陰様です。本当にありがとうございました。
a24
a23

参加してくれたお友達から『楽しかった』と感想もいただきました。
手取り不足との意見もあり、来たくても来られなかったお友達がいたら本当にごめんなさい。
来年はこのようなことがないよう、みんなに行事の案内が届くようにしますね。
来年もまたTさん宅で土と触れ合う体験をさせていただきたいですね。

さて、次回の「どんぐり塾」は、12月17日(土曜日)に五日市道場で「クリスマス会」をします。
是非参加して下さい。


少年部 支部少年部長 N


少年部 | 14:26:30 | コメント(1)
教会長メッセージ
広島教会の皆様へ

椎名教会長
平成20年12月以来3年間、有難うございました。

平成21年4月10日、沼田教務局長(元広島教会長)さんにお越し頂き、教会発足四十九周年記念式典を開催した折、一万世帯達成目指して発足五十周年を中心に大きく布教伝道を展開しようという声が湧き上がり、その時以来広島教会のお導きにかけるパワーが急に増大し、毎月たくさんのお導きができるようになりました。皆様の人さまを思う心が、仏さまの大きな力を頂いて形となって現われてきた、と感じております。

翌平成22年6月12日には快晴に恵まれ、酒井顧問さんにお越し頂いて教会発足五十周年式典を盛大に挙行することができ、多くの会員さんが結集することができました。3年目の現在お導き数は9673体(11月21日現在)に達し、一万世帯達成まであともう少しという所まできつつあります。

 発足五十周年におきましては、素晴しい記念誌が出来上がりましたこと、テレビコマーシャルや中国新聞に広告を出したことやそして記念の愛唱歌「光と絆と~善き友に生かされて~」が誕生したことも大きな喜びでありました。昨年はアームズダウンの署名運動で大きく盛り上がり、中国に行った折にも核兵器廃絶を訴えての署名活動ができましたことは大きな驚きでもありました。お陰さまで二十万の目標を達成できましたこと、心より感謝しております。

 また、今年に入って東日本大震災に対し、広島教会挙げての募金活動、西日本対策本部を通じての支援活動、ボランティア活動が展開され、日本中が一つの心になったような感じがありました。亡くなられた方々の無念の思いに寄り添いつつそのことを忘れず、生き残った私たちがその生き方を大きく切り変えていくことが大切と信じます。

 本年秋には老若男女が集い、各支部が一つの家族となって大運動会ができました。私も身体中あっちこっちが痛くなりながらも参加させて頂いて大変楽しい思い出となりました。

 最後に本年10月、被爆地広島から世界に平和を発信!との願いを持ってHRCPの皆さんと共にアメリカへ行き、波田さんの被爆体験の発表ができましたこと心より感謝申し上げます。

 その他たくさんの思い出が一杯ありますが、一人ひとりの会員さんの救われが私にとりまして最高最大の喜びであります。

 皆さま、どうかご健勝で、そしてまた、いつか元気にお会い致しましょう!        合掌

平成23年11月23日

広島教会長  椎名啓至


教会長メッセージ | 16:15:28 | コメント(0)

FC2Ad