■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
東広島支部 秋の「芋掘り」
2011年10月21日(金曜)
東広島市高屋町 のJR山陽本線 西高屋駅から北へ車で約10分
山間の田園に農家が点在
そこに、明るい社会づく運動東広島協議会の会員で耕作する、みんなの農園があります
5月雑草生い茂る、畑を鍬で耕運機で、耕し、苦土石灰・肥料も撒き、土作りを..
秋にどれほどの収穫があるだろうか!?..それを楽しみに、全員汗をかきかき、定植作業を終えた
その数 200本
7月~8月の焼けるような炎天下、コツコツ除草作業に精を出しました。
10月 秋空の下、 老若男女が年齢も幅広く30名近くの方が参加して 芋掘り..収穫です。
サツマイモのツルを鎌で先ず、刈り取り、次にスコップや鍬で土を掘り起こし、徐々に紅色の芋が姿を
あらわす度に大きな歓声が沸き起こります。
『蒔かぬ種は生えぬ!蒔いた種も(草を取らねば、育たぬ!)生えぬ!』..と有り難い教訓も飛び交いました
大きな芋
「戦時中には、このツルが大変貴重な、食材として多くの国民に食されたものよ!!」と長老の苦労話しも。
話を聴いて、早速何人かが、ツルのやわらかそうな箇所を20~30cmに切り取り、それを何十本も束にして
自宅に持ち帰り、サバイバル献立へチャレンジするとか..。清貧の暮らしに話がもりあがっていました。
一輪車(ねこ車)にツルを乗せて、堆肥置き場に運ぶ人。掘り出した芋を一箇所に集積し干す人
炭火を起こして金網を張り、野菜を刻みバーベキューの準備をする人。屋外での昼食の準備も着々と。
午前中の収穫作業が終了し、バーベキューの周りに集まり、持ち寄った おにぎり 漬物も併せて
頬張り、みるみる内に、金網の芋も野菜も肉も 口に運ばれ、大賑わいでした。
収穫

シートに干された、とれとれのお芋は皆で分け、帰宅の お土産として、
誇らしげに、てんでに車に積み込み、畑をあとにしました。
収穫したお芋を「新生学園」と「社会福祉法人つつじ コスモス」に持って行かせて頂きました。

東広島支部 支部壮年部長S.H

東広島支部 | 23:28:38 | コメント(0)
ご本尊様勧請について
 とても大きな心の転機となりました。常々50才からはもっと心に実りのある生き方をしたい、もっと人格の向上をはかりたい、また人様のお役に少しでも立ちたいと願っていたところに、ご本尊様のお話を頂きました。まして主人に足を運んでもらうはずが急きょ長男になったことがとてもまた有難く、この計らいがなるべくしてなったのだと思わずにはいられませんでした。

 19年前、まだ長男を妊娠していることに気づかず強い風邪薬や痛み止めの薬を飲み、3ヶ月と診断され、大きな不安に駆られていた時、母から「お経を毎日上げるように」と言われ佼成会に入会しました。

そしてあれから19年。その時の息子がご本尊様をお迎えに行ってくれた事は、本当に感慨深い出来事でした。これからは仏様から目をそらしてはいけないと、襟元を正されたような心境、清清しい風を一気に巻き起こされたような状態となりました。

もう今までの自分でいてはいけないと、仏様のお役に立つ生活をさせて頂こうと強く決意させて頂きました。

高田支部婦人部長 R・F


高田支部 | 23:19:29 | コメント(2)
仏様が我が家にやってきた
平成23年9月25日第9回ご本尊勧請式に参加させて頂き、我が家にご本尊を勧請させて頂きました。大聖堂にて荘厳に式典が執り行なわれました。庭野会長先生よりお言葉を頂き、『会いがたい仏法に出会えている私達』であることを教えていただきました。

広島に帰り26日には安置式をさせて頂き、高田支部支部長導師のもと読経供養が行なわれました。

私が一番感動したのは支部長、主任、地区の方が自分の貴重な時間を何日も前から費やして私の家のご法前の準備をして、ご本尊様の受け入れをして下さったことです。
アップ
そのことが私の家族を尊い存在として取り扱っていただいたようで、肉体を頂いている私達のみならず私の先祖まで大切にしていただいているような気がしました。
命は繋がっており私達が先祖の最先端としての存在であり尊いものであるということを感じさせて頂きました。
全体
これからは私も触れ合う事柄・物・人を尊い存在として認めていける自分になりたいと思いました。

高田支部 T・W

高田支部 | 23:18:43 | コメント(0)

FC2Ad