■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
ご本尊再勧請のお手配を頂いて
 

加古山家ご本尊再勧請


高田支部ではK家が、11月6日の第19回勧請式において、ご本尊再勧請のお手配を頂かれました。5日、S支部長さん引率のもと、ご本部での勧請式に出発されました。
 K家は、今まで、軸装のご本尊を安置しておられましたが、この度、立像のご本尊を勧請されることになったのです。再勧請のきっかけは、軸装のご本尊が虫食いの状態だったため、荘厳にするために、立像のご本尊をということでした。再勧請というと、今までのご本尊からの継続という印象をもちがちですが、支部長さんが、K家の再勧請に向けての心構えを教会長さんにご指導いただくと、『真っ白な気持ちで、ご本尊を勧請してください。』というお言葉をくださったそうです。Kさんが頂いたその言葉は、Kさんだけでなく、支部長さん、主任さんが頂いた言葉だと心が一つに繋がりました。
 安置式までは、支部の方々が地区を越え、心配りをしてくださり、ご宝前を荘厳にととのえることができました。多くの方々が、一人ひとり自ら、できることをさせて頂かれ、ご本尊さまに真心をお供えされました。盛り物がお盆に入りきらないほど多く、より大きなお盆に盛らせて頂きました。それでも、あふれんばかりの盛り物となり、盛り物担当の主任さんが、お盆からはみ出たカブのことを最後まで心配されていました。
 勧請式の翌日の7日、午前10時から安置式がとり行われました。当日はお天気もよく、お迎えのお役の方が、玄関先で、安置式のお役の方(導師、脇導師、司会)をお迎えされました。そして、立像のご本尊さまをご宝前にご安置させていただき、安置式のご供養が行われました。
 安置式終了後、Kさんは、「『仏さまはどこまでも、信仰とは何なのか、何のために信仰しているのだ』と問い続けておられるように思います。」と皆さんの前で、感想を述べられました。本当に、ありがたい安置式でした。
  



高田支部 | 16:10:24 | コメント(0)
蓮の花が咲きました
 高田支部の加古山さんの田んぼに植えられた蓮の花がさきました。
遅くなりましたが、日にちを追っての写真を紹介します。


   
    6月20日
 1.jpg 

     6月20日          

2.jpg 
 

      6月21日  
3.jpg           



                               6月24日

4.jpg 

                                                                                                                    6月24日

5.jpg 


                   6月25日
6.jpg

                                                                                                    

                   6月25日
7.jpg

                   
                    6月26日
8.jpg



9.jpg 
             6月26日


10.jpg 
             6月27日


11.jpg
             6月29日



12.jpg
           6月29日

13.jpg
           6月29日
14.jpg

16.jpg
    6月30日


17.jpg   6月30日

18.jpg   7月1日

  美しい蓮の花を観ると、心が洗われます。
蓮の花のように、泥の中の栄養をしっかり吸収して、きれいな花を咲かせる…
そんな生き方をしたいなと思いました。
残念ながら、今年植えた広島教会の蓮は育たなかったので、来年はきれいな花を咲かせるよう、しっかり愛情をもって
育てていきたいと心に誓いました。
          伝道メディア   Y.F



高田支部 | 15:02:41 | コメント(0)
三次きんさい祭り2014
平成26年7月26日(土)、第39回三次きんさい祭りが行われました。
立正佼成会は、お会式万灯行進として105名でパレードに参加させて頂きました。
勇ましい纏(まとい)が邪気を払い、笛・鉦・太鼓のお囃子で万灯の花が咲き、
花一つ一つにすべての「いのち」が尊ばれ世界が平和になれと祈りを込めて行進しました。

IMG_0915_R.jpg

IMG_0945_R.jpg
IMG_0953_R.jpg
IMG_1005_R.jpg
matoi1_R.jpg
IMG_1026_R.jpg
IMG_1030_R.jpg
IMG_1031_R.jpg



【三次道場だより】 | 12:00:01 | コメント(1)
三次道場 節分会
今年度も楽しみにしていた節分会が行われました。
日時:平成26年2月2日(日) 9:00~12:00
場所:三次道場


僕も頑張るぞ!
僕も頑張るぞ!

鈴木教会長さん導師の下、節分会の読経供養が行われました
節分会の読経

「そっちにもあげて」「どこどこ?」
「そっちにもあげて」、「どこどこ?」

大当たり!教会長賞、「教会長さん有難うございます」
大当たり!教会長賞、「教会長さん有難うございます」

「お母さん、良かったね」
「お母さん、良かったね」


【三次道場だより】 | 15:00:07 | コメント(0)
大ご守護をいただきました。! 壮年部手取り研修会の功徳分け
三次道場の壮年部さんが手取りについて学びたいとの意見を出され、教会長さんのお慈悲で三次道場での「壮年部手取り研修会」をして頂くお手配を頂きました。
 

 研修会は9月16日(日)、10月7日(日)、11月24日(土)の3回にわたって行われ、広島教会より鈴木教会長さん、又土橋講師さん、壮年さんに来ていただきました。三次道場の壮年部さんはもちろん主任さん、組長さん、婦人部さんも研修会に入らせていただき共に学ばせて頂きました。


 第1回目の研修会の時、教会長さんより”手取りのチャンピオンになって下さい”というお言葉を頂きました。

 1・2回目はまず土橋講師さんに「手取り」について研修して頂きました。その後、壮年さんと主任さんがペアとなりそれぞれ実際に何軒か手取りに行かれました。三次道場に帰られ、壮年部さんが、その体験をとても楽しく有難くいきいきと発表されました。さすが主任さんはお手取りのプロで日頃から相手に合せ話をよく聞かれすごいと感動されて主任さんを賛えられました。
 3回目は、研修の後に3人一組になり3つの事例についてロールプレイングを行ないました。手取る人、手取られる人、見守る人の役割を全員が体験させていただきました。

壮年部さんの感想発表の中に次のような感想が有りました。

・今回のロールプレイングを通して、他の方々が日頃のお手取りをよくされていること。又相手中心で仏の見方をされる中に感性が磨かれていることを学ばせて頂き自分自身の感性を豊かにする必要を感じた。 

・仏を信じ仏の導きによって我々は生かされている。仏さまだったらどうだろうかと考えると心が楽になる。ロールプレイングを通して心の共通点をお互いに持つことが大切であり仏さまを信じ切ることが大切であると感じた。

・信念が大切。自分は手取りに心がこもってないと思った。心を開くことが大事なのかと思う。仏道に入っていただきたいという相手を思う気持ちが大切だと思った。

・手取りに行かせて頂き、自分にとって不都合な相手に会った時どのように接したらよいか、手取りする中で機関誌を渡すことのみでお互いが安心しているのではないか。事例の目的である団参等に道筋をつけることが大切ではないかと感じた。


土橋講師さんよりまとめのお言葉を次のように頂きました。

 自分の役を自覚されており、菩薩の心を皆さん持っておられます。実践の場が楽しそうでした。難しいけれど挑戦していくという真剣さが伝わってきました。真剣さの中に仏さまが宿るのではないでしょうか、そのことが尊い。相手と共に幸せになりたいということが伝わってきた。相手の心を開く、聞き上手、自分も仏、相手も仏という心を持って手取りに歩かせていただくことが大切と思わせて頂きました。


鈴木教会長さんより次のようにお言葉を頂きました。
 すべての人を拝む常不軽菩薩さまのように仏性を開く、仏性は『仲良くしたい』、『向上したい』、『人の役に立ちたい』という心です。相手は本来すべて仏さま。私の心にぴったりしたものがくる。本来仏さまの心に丁度いいものが出てくる。学んだことがすぐには出来ないかもしれないが信者さんの胸をかりてさせて頂くんです。
 仏性を開くにはあの手、この手を実践していく、まずは相手をほめる。トヨタ自動車のトップセールスマンの例を紹介しますが、トップセールスマンの方に「どうしてトップになれたのですか?」と聞くと、相手の話をよく聞くことであるとの返事でした。初対面で話は八割聞かせて頂くということであった。
 聞くことは難しい。褒める、感謝する、喜ぶことが大事。基本は仏性礼拝です。観音さまのように相手の心をよくきく、お手取りは仏さまの胸を借りて人格完成するように有難くなるまで努力させて頂く。
これからのリーダー像は『あの人と一緒に仕事をしたい。』と思われる人になることです。


三次壮年3
手取り研修中昼食風景

三次壮年1
手取先の壮年部さんとい一緒に

三次壮年2
鈴木教会長さん、土橋講師さん、広島教会壮年部の方、研修終了後の一コマ


2回目の研修が終了した後行われた、11月8~10日本部、脇祖さまご命日参拝に三次道場(三次・高田・庄原)会員40名の方が参加されました。この団参には「壮年部手取り研修会」に学ばれた壮年部4~5名の方が参加されていました。初めて団参に参加されたY・W壮年部さんが11月13日の教会長さんの三次道場ご布教時の大法座の中で次のように功徳と決意を発表されました。


「今まで行事には参加したことが有りませんでした。以前支部長さんに声を掛けていただいていたので、約束を果たすつもりで初めて団参に参加させて頂きました。団参中に参加した夜の壮年部の法座の中で、自分は今まで肩肘はって生きてきたことが分かりました。これからは生きることが楽になったように思います。宿直もさせて頂きたいと思います」


Y・Wさんの感想発表を聞かれ鈴木教会長さんのお言葉

「大御守護を頂かれましたね!」とお言葉を掛けられました。
 

 初めて団参へ参加された壮年部さんも、法座の中で壮年部さんの縁によって今まで感じられなかった安心の世界を感じられたのではないでしょうか。




 壮年部手取り研修3回目のロールプレイングに参加させて頂きました。3人ずつペアになりましたが、他の2人は主任さんでした。主任さんは相手のことを思い、それを言葉にし、心に寄り添う手取りをされました。”主任さんはすごい!!”と思いました。鈴木教会長さん、土橋講師さん3回に渡り三次道場へ来ていただき有難うございました。広島教会壮年部の皆さん有難うございました。         合掌 
                                           三次道場 T.W 


【三次道場だより】 | 14:36:03 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad