■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
笑顔になれる子育てのヒント(6)
 2016年も後、半月余りとなりました。12月に入ってのニュースを観ると、1日、今年の流行語大賞に「神ってる」が選ばれました。もちろんプロ野球セリーグで、25年ぶり7回目の優勝をした、われらが広島東洋カープの鈴木誠也選手の2試合連続逆転ホームランを打った時、緒方孝市監督がその活躍に対して言った言葉です。また、12日、今年の漢字に「金」が選ばれました。リオデジャネイロオリンピックでの日本選手の活躍が思い出されます。金メダル12個でしたね。奇しくも、流行語大賞、漢字ともにスポーツに関係したところから選ばれたように思います。
 選手たちが目標に向かって、自分のベストを尽くす姿が見る側の心に響いて、感動を呼び、また、選手の方も観客の応援によって、より一層、自分の力が発揮でき、感謝のおもいになるのでしょう。心が温かくなりますね。
 それでは、家庭教育部の「笑顔になれる子育てのヒント第6回目」を紹介させていただきます。

egao

                                         わたぼうし 2016年12月号より

家庭教育部 | 15:23:25 | コメント(0)
笑顔になれる子育てのヒント(5)
 今日10月31日は、ハロウィンです。ハロウィンの由来は古代ケルト人の秋の収穫感謝祭に起源があると言われています。
古代ケルト民族の1年の終わりは10月31日と定められ、この夜は死者の霊が親族を訪ね、悪霊が来て作物を荒らす、と信じら
れていました。そこから秋の収穫を祝い、同時に悪霊を追い出す祭りが行われるようになりました。
 今朝、テレビのニュースを見たのですが、日本でも、この時期になるとハロウィンイベントや仮装などで、街中が盛り上がり、
ここ何年かで、バレンタインデーと同じくらい定着してきたようです。
 さて、明日からいよいよ11月です。今年のカレンダーも後、2枚を残すのみとなりました。
それでは、笑顔になれる子育てのヒントの第5回目を紹介させて頂きます

H28年10月わたぼうし 子育てのヒント
                            わたぼうし2016年10月号より

家庭教育部 | 17:00:00 | コメント(0)
笑顔になれる子育てのヒント(4)
  昨日は、「敬老の日」、「彼岸の入り」でした。一週間ほど前、地区のMさんのお家で佼成9月号の会長先生ご法話
『老いの輝き』の輪読会がありました。Mさんの家に歩いていく途中、田んぼの稲穂の上を赤とんぼが飛んでいました。
実りの秋だなと思いながら、続けて歩いていくと、畑のなすびの花が紫色に咲いているのが目に入ってきました。ふと、
『親の意見と茄子の花は千に一つも仇はない』という諺が心に浮かんできました。親、先祖、人生の先輩を敬い、学ばせ
いただくことの大切さを、しみじみと思った一日でした。
 それでは、笑顔になれる子育てのヒントの第4回目を紹介させて頂きます。


2165_R6.jpg

                                 わたぼうし2016年8月号より

家庭教育部 | 20:09:49 | コメント(0)
笑顔になれる子育てのヒント(3)
 今日、6月19日は父の日です。母の日に比べると、一般的に認知度が少なく、忘れられがちですね。せめて、お父さんに
心からの感謝の言葉を伝えたいものです。それでは、家庭教育部の『笑顔になれる子育てのヒント』の第3回目を紹介させて
頂きます。


egaoninareru2 

                        わたぼうし2016年6月号より

家庭教育部 | 12:00:00 | コメント(0)
笑顔になれる子育てのヒント(2)
笑顔になれる子育てのヒント
 長いようで短かった大型連休も終わり、昨日は「母の日」でした。私も、日頃の感謝の思いをこめて、母にプレゼントを
贈りました。イギリスに『一人のお母さんは百人の教師に匹敵する。』という諺がありますが、本当に母の偉大さ、存在の
大きさにあらためて、感謝の念を深めた一日でした。  「おかあさん、ありがとう。」
 それでは、家庭教育部の『笑顔になれる子育てのヒント』第2回目を紹介させていただきます。
子育てのヒント明るい 
                わたぼうし2016年4月号より

家庭教育部 | 10:50:00 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad