■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
一球入魂のホストファミリー考察(ホームステイを迎え)
 今年もまた高校球児たちに熱い夏が来た。我が家もまたホームステイを迎える夏がきた。
と言うのもホームステイの受け入れは何もこれが初めてではなく、過去十数年間イギリスの小学生を始めアメリカ他数カ国の子供から留学生、ツーリストを何度も、長期だと一ヶ月間も受け入れて来た経験があり大体の要領も心構えも持っていた…つもりだった。
だがその自負が瓦解する程の強烈なテーマと命題を私に残し彼女は広島を後にした。

 我々ホストファミリーとの顔合わせとスタッフ達の相互紹介も終えその後の本川小学校でのプログラムの後、私たちが受け入れるキャリーさん(57才)を我が家に連れて帰ったのは夜も九時を過ぎていた。
若干の疲れもみせながらも明るく積極的に私たち家族と気さくな会話をしてくれた。
私と妻は英語は苦手だが幸いボランティアスタッフでもある娘が通訳してくれるので会話には困らなかった。

妻と娘が席をはずしている間も延長戦に入ったカープの中継を眺めながらアメリカの野球チームのこと、活躍している日本人プレーヤーのこと、そしてさよならホームランでカープが負けて『日本ではこんなにあっけなく試合が終わるのか?』と質問され、いやいや野球のルールは日本もアメリカも同じだよと大笑いしその日は終えた。

ここまでは絵に描いたような親善ムードの中でホスト家の任務を全うできるものと思っていた。
少なくともイメージは素人ソフトボールの親睦ゲームさながらに。

 翌日の平和公園での式典・広島教会での式典と交流会を終えそれぞれのホームステイ先に分かれての各ホストファミリーとのプログラムとなり、私たちは我が家屋上での手巻き寿司と天ぷらとお好み焼きのおもてなしをした。
宇品支部の方達にお手伝い頂き、幸い雨もあがり支部の方達を交え無事開催する事ができお互い写真を撮ったり和気あいあいと時間が進んでいた時キャリーさんがおもむろに問いかけて来た。

 屋上1ミニ 屋上2ミニ

 『ここは爆心地からどれくらい離れているの?』
 
  (えっ? 今まで地図とかで測った事ないけど…)およそ3~4キロくらいと答えた。

 『この辺もかなりの死者がでたの?』  (た、たしか死者が出て云々という碑が小学校にあったな…)そうです。
この辺も被害を受けたがあの山(黄金山)とあちらの丘(比治山)の向こう側は直接熱射や爆風を受けずに被害が少なかったです。
(これは明確に答えられる) 彼女からの質問は続く。
それは私が想定していなかった分野にまで及んで来た。『日本人は(原爆を落とした)アメリカを憎んでいないのか?』

  (絶句。そんなストレートな球を投げるの?) ややうろたえながら答えた。
色々な考えはあるものの大多数の日本人はアメリカを憎んではいない。(でよかったよね?)
ここは政府の見解ではないにしろ、一般的な世論でいいの? 
それとも広島市民としての声? 
立正佼成会の見解? 
そもそも立正佼成会の見解って知らないし、私一個人の見解でいいの? 
この発言を聞いた被爆者とその家族はどう思うだろうか?
 色々な事が頭をよぎるなかでさらに質問は続く。

 通訳ミニ 討論ミニ

『ヒロヒトに責任はあると思うか?』
  (思わずのけぞった。ほとんど死球スレスレの内角責めだ。) 実際に当時天皇にどれほどの権限があったかどうかは分らないが少なくとも現代の日本では、軍部の力が政府を支配していたと思っている。(んだっけ?)と答えた。
もう持論である(笑)
『開戦当時の日本政府トップは誰ですか?』 

  (忘れた! 社会の教科書に目を通しておけばよかった。時すでに遅し)
 え~と犬養?鈴木?え~と…
『日本人は、悪いのはトウジョウだとは思っていないのか?』  (そう東條英機だ。彼女からまさかの答をもらってしまった)
 日本が負けたから戦争の責任を東條は負うたが、もし日本が勝っていれば原爆投下を指示したアメリカの指導者が逆に裁かれたと思う。(またもや持論である)

『では当時の日本軍部の最高指導者は誰だったのですか?』 嗚呼もはや分らない。そう私たちは原爆投下の実相であるとか被害状況だとか被爆者の声とかはそれなりに知っている。
しかしその当時の政治や軍部であるとか背景の詳細はよく覚えていない。
いや、近代歴史は学んだはずだが忘れているのだ。
今日ここへ来るために彼女はかなり詳細な事前学習をして来たのだ。
私はつい先程までソフトボールの親睦試合を和気あいあいとする気分でいたのだが、彼女は実に真摯に問題意識を持ちここへ臨んでいたのだ。
マウンドの上から真剣勝負を挑んでいた彼女に対し、何も考えず安易な構えでのほほんとバッターボックスに立っていた自分にやっと気づいた。

 これまでの外国人ホームステイの方々でこれほど踏み込んだ質問をした方はいないどころか質問や討論した人は皆無と言っていいほどで、平和公園へは足を延ばしてもホームステイ先での歴史的政治的質問はもしかしたらタブーなんだろうとさえ思っていた。
ただキャリーさんは純粋に聞いてみたかった事であろうし、原爆と戦争問題を真摯に取組んできて、私たちだからこそあえて聞いてみたんじゃないかと思う。
 支部の方達も答えに戸惑い、通訳する娘も専門用語が分らず彼女に上手く伝えられているか不安だったが、むしろキャリーさんが娘の語彙の訳を推し量って理解してくれたのは幸いだった。

 話を続けるなかで気づかせていただいたことは、我々にとって大事なことは、今ここでこうして違う国、違う民族、違う宗教の一市民が同じテーブルを囲んでこんな話題で熱くなれること自体なんじゃないかと。

こうして同じお皿の料理をつまんで隣り合わせで語り合える、このことが何よりも大切なんじゃないかと。

そして一市民の切実な平和への思いと願い・祈りの気持ちをそれぞれの国の為政者へ伝えていく姿勢と強い意志を持って世界の平和境建設への道を進もうと。

いつしかキャリーさんと強く手を握りしめその場にいた皆で誓いあった。
宗教は違えどもまるで法座みたいだ。
ヒロシマの片隅の住宅の屋上で、まだ陽も明るい中でこんな話をしてるだなんて、よもや誰も思うまい。
 すごいぞASC。すごいぞRKK。
 開祖さまは世界各国を巡りあらゆる宗教指導者を始め国際的リーダーと話し合い手を携え世界平和に尽力されましたが、その草の根たる一会員である我々にもできうる事は何かを教えて頂いた瞬間でした。

 我が家屋上での手巻き寿司パーティーを終え、灯ろう流しを体験してもらうべくキャリーさんと私たち家族で平和公園に向かった。
灯籠メッセージミニ 灯籠流しにてミニ

日も暮れ川面に浮ぶ多くの灯ろうと同様、キャリーさんも灯ろうにメッセージを託し静かに流した。
岸から離れて漂う灯ろうをいつまでも見つめカメラに収めた。
彼女がそこにどのような思いを託したか知る由も無いが、恐らくワシントンに帰ってから多くの人々に平和への思いを伝えてくれるものと思う。 原爆ドームの側でベンチに座り川面を眺めていた。
こんなに近くに住んでいて灯ろう流しに来たのはかれこれ十数年ぶりだ。
このご縁が無ければ今年も来ていないだろう。
ドームミニ ドーム前で語るミニ

 相生橋のたもとの碑の前で立ち止まった。
したり顔で解説でもしようと見てみたが、崩した草書体で文語調の詩。
しどろもどろで詠んでみたものの意味不明でキャリーさんに解説するどころか家族にも説明できず、挙げ句の果て県外からの観光客らしきファミリーも耳を傾けて来る始末にそそくさと逃げる様に立ち去ってしまった。
相生橋を後にし本川小学校前を歩くとキャリーさんから聞かれた。
戦争孤児たちは施設で育てられた後その施設はどうなったのか?と。
私は答えた。
今でも事情により親に代わって子供達を育てる施設として存続していることを。(確かそうだったがうろ覚え) 結局私は知っているつもりの守備範囲が狭く、果たしてキャリーさんの問いかけにどれだけ応えられたのだろうか。
今回の様な熱心で探究心のあるゲストに対し被爆地のホストファミリーとして矜持をもっていたといえるだろうか。
自問自答は今も続く
 受け入れるボランティアスタッフは今後も勉強を続けて知識は深めていくべきだし、迎えるホストファミリーのハードルを殊更高くするのは避け、もっと気軽に多くの方々に参加してもらうべきであろう。
海外のホストファミリーはそれほど気を使わず勝手に過ごしてというスタンスで、日本のホームステイの “おもてなし ”感はそれほどでもないケースが多いと聞いている。

 ただ観光メインのツーリストと違い、平和交流のホームステイを受け入れるホスト家自身がある程度の知識と情報は持っていた方がもちろん良いのは言うに及ばず。
今回のように逆に非常に学習の必要性に気づかせてもらった。これを機会に少しずつ取り組んでみたいと思う。
今さらの英会話は無理としても。
 広島駅での別れ際、キャリーさんから果物が入った袋を戴いた。
彼女のお父さんが好きだったグレープフルーツ お母さんが好きだったブルーベリー、そしてキャリーさん自身が好きなリンゴ。
キャリーさんが私たちを一人ずつ抱きしめて家族だと言ってくれた。
果物の意味が何となく分かってきたら涙が止まらなかった。
 後日、相生橋の碑を調べてみた。

【鈴木三重吉(すすきみえきち)文学碑】というそうだ。
 
 “私は永遠に夢を持つ
    ただ年少時のごとく
   ために悩むこと浅きのみ”

そもそも鈴木三重吉が誰なのかすらわからない。
明治時代に“千鳥”等を発表した広島出身の児童文学作家で大正7年創刊の児童文学誌“赤い鳥”の主宰者だという。
かろうじて赤い鳥なら聞いた事がある。
我が身の無知無学ぶりを露呈してしまった。
この歳でも知らないことが多過ぎる。
 これからは余暇を生かし少しずつでも広島の街を歩いてみようと思う。
今まで何も疑問に思わなかった小さなことでも調べてみよう。

今度来日来広されるゲストに少しでも多くの質問に答えられるようになりたいと思う。

それが今私にできうる平和への活動だと信じて。
鈴木三重吉

 広島教会 宇品支部 H.K

平和活動 | 13:15:11 | コメント(0)
オールソールズ教会「平和の旅in広島2014」
image1_R.jpg
8月5日にオールソールズ教会の方37名の方が広島教会に来られました。
5日にホストファミリーとの交流会があり沢山の方とお話が出来ました。
5日の夜は本川小学校に盆踊りに行かれて帰って来た時に
「皆で踊って来て凄く楽しかった(^^)」と言って頂けました。
image (1)_R image (2)_R image (6)_R


6日は朝早くから集合して雨の中、平和公園で行われた原爆死没者慰霊式などに参加されました。

とても複雑な気分だったみたいですが、
「広島教会に帰って来た時に学生部、青年男女、婦人部の皆が笑顔で纏を振りながら出迎えてくれた事、
足を洗って靴が早く乾く様に心遣いをして頂けて凄く嬉しかった。
広島に来て皆が笑顔で接してくれる事が何より嬉しかった。」
と言って頂けました。
image (3)_R image (4)_R

夜は子供達も含めて皆で灯篭流しに行きました。
灯篭流しの意味を聞かれ
「この川で沢山の方が水を求めて亡くなったからその方達の霊を慰める為」だと説明すると
「とても綺麗だけど複雑な気分だ」と言われました。
image (5)_R

長いようで短い2泊3日でしたがとても良い経験が出来ました。
来年は少しでも多くの青年部が良い経験が出来たらいいな(^^)と思う様な素敵な時間でした。
皆さん、お疲れ様でした(^^)

 広島教会 広島支部 M.T

平和活動 | 13:01:33 | コメント(0)
 世界平和祈りの週間 合同平和祈願集会
平成24年10月26日(金) 幟町の世界平和記念聖堂において
カトリック広島教区と立正佼成会広島教会の合同平和祈願集会がミサという儀式の形をとって行われました。

IMGP0945_20121028145116.jpg  IMGP0971_R.jpg

主な内容は まず カトリックの「ごらんよ空の鳥」  立正佼成会 「夢 堂々の心の旅」の歌で入祭 

IMGP1024_R.jpg  IMGP0984_R.jpg   

その後
 聖書朗読
 説教   ; 前田万葉司教 
 平和の祈り ( カトリック;アッシジのフランシスコの祈り   
          立正佼成会; 祈りの言葉 三帰依 )
 カトリック  「いつくしみ深き」
 立正佼成会 「ありがとう」
の歌で閉祭しました。
  
前田万葉司教さまの説教の中で印象的だったのは、1981年に来広された教皇ヨハネ・パウロ2世さまの
『戦争は人間のしわざです。
 戦争は人間の生命の破壊です。
 戦争は死です。』
という言葉を引用されて、戦争のもたらす破壊と虚しさを説いてくださったことです。
また、「原爆慰霊碑の碑文に『安らかに眠ってください 過ちはくり返しませぬから』とあるように 過去をふり返ることは
将来に対して責任を持つということであり、この過去の悲惨な戦争、原爆をふり返ることは将来に対して責任を
担うこと」と言われたことです。
現代の私たちを含め、未来に「戦争がない」「原爆がない」世界の実現には「愛」が大切であることを説かれました。

IMGP1034_R.jpg  IMGP1043_R.jpg

閉祭後、立正佼成会広島教会鈴木孝太郎教会長が合同平和祈願集会に対するお礼の言葉を述べられました。
教会長さんは閉祭の歌「いつくしみ深き」を一緒に歌われて、イエス様の愛の一端に触れたように感じ
感動されたことをお話になられました。
1965年第二回バチカン公会議において教皇パウロ6世さまが開祖さまにおっしゃられた『たがいに認め合い、祈りあう』という言葉を受けて開祖さまが生前言われた「キリスト教徒が仏教徒のために祈り、仏教徒がキリスト教徒のために祈る」という言葉を引用し、「国が異なり、民族が異なり、宗教が違ってもすべての人を心から敬うことをお誓い」され挨拶を終わられました。
                                                
                  
伝道メディア部長  藤川裕子



平和活動 | 08:55:30 | コメント(0)
UUAロバート・ハーディス牧師 チャールズ・ウルドリッジ氏ご来道
 平成24年8月1日、アメリカのオールソウルズ・ユニテリアン教会からロバート・ハーディス牧師と
チャールズ・ウルドリッジ氏のお二方が広島教会にお越しになり、訪問式典が行われました。
ユニテリアン教会で最大級の規模を誇る、オールソウルズ教会は首都ワシントンに位置し、1821年の
設立以来 豊かな歴史を持ち、今日では平和と和解に焦点を当てた取り組みを進めておられます。

 式典では吉田さんの被爆体験の証言の後、上級牧師のロバート・ハーディス師のあいさつがあり、
最後に鈴木教会長のお礼の挨拶がありました。
ハーディス師は、今回来広された目的は日米合作の記録映画
「ヒロシマの校庭から届いた絵」Pictures from a Hiroshima Schoolyard特別試写会
の上映のためであることを お話されました。
また、この映画は、日本とアメリカの和解と平和について1945~2010年の軌跡を追って制作されたもので
映画の中で描かれている戦後まもなく始まった、広島とオールソウルズ・ユニテリアン教会の特別な関係の
歴史を語ってくださいました。

 被爆2年後の1947年に、オールソウルズ・ユニテリアン教会からクレヨン・絵の具・画用紙などの500kg
もの学用品が本川小学校に届けられました。
すると、本川小学校の子どもたちが感謝の意をこめて、野球をしたり、こいのぼりや桜などの日常の生活場面を
贈り物を使って描き、当時の教諭らが'48~'49年に子どもたちの絵をオールソウルズ・ユニテリアン教会に送り、
しばらく交流が続いていたそうです。
 教会の倉庫で眠っていた これらの絵を、映画の製作者である重藤マナーレ静美さんが2006年に知ることとなり
その後 絵の修復等に尽力され、2010年夏 本川小学校に絵は里帰りし、絵の作者と絵画が63年ぶりに再会を
果たしました。

 そして「本来、共通にもっている人間性に目覚め、平和な世界をつくり出すことが必要」であり
「まさに この教えこそユニテリアンと立正佼成会の根底をなす教えだ」と、力強くお話しされました。
最後に当時オールソウルズ・ユニテリアン教会の牧師であるパウェル・ディヴィス師の
「現代世界において、人類同胞みな兄弟姉妹という考え方こそが、真に展開されるべき価値観である」
という言葉を紹介され、
「真理のために共に手を取り合い、大いなる平和の実現に向けて、共に力を尽くしてまいりましょう」
とおっしゃいました。

 鈴木教会長はお礼の挨拶の中で、「たいへん感銘深いお話を頂いてありがとうございます。
本川小学校とオールソウルズ教会の交流をはじめて知り、感銘しました」と述べられました。
また「この映画は65年前のアメリカの子どもたちの善意と日本の子どもたちの真心によって 多くの人々の心に
平和を訴えるもので、神さまのお導き 仏さまのご加護によって共通にもっている尊い生きる力、すばらしい
人間性を教えてくれています。
そのことによって、平和を真剣に築いていこうと、真剣に思えるありがたい映画をつくって頂いてます。
人類 皆 兄弟であり、宇宙はひとつ 和になっていくことを、科学物質が繁栄しすぎて危うい重大な時だからこそ
出会いを大切にして、この映画のように真剣に平和を築いていくことが、今、広島に生きて生かされている人間の
大きなミッション(使命)であります。オールソウルズ・ユニテリアン教会と広島教会の草の根の交流が広がっていく
ことを心から祈念します」と結ばれました。

img001.jpg


 この式典を通じて、オールソウルズ・ユニテリアン教会と立正佼成会との深い友好関係を感じるとともに、
広島に今 生かされている自分自身の使命を再確認させて頂き、まず私自身が日々の感謝の心で生活し、
身近な人に優しさ思いやりをもってふれあっていくことが、平和を築いていく第一歩だと気づかせて頂きました。
ありがとうございました。

伝道メディア部長  藤川 裕子


平和活動 | 14:51:03 | コメント(0)

FC2Ad