■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
支教区壮年練成・広島教会壮年練成 開催

支教区壮年練成

8月3日()4()   於:北広島教会 一泊二日・・・泊り込み

100名の参加がありました。

広島教会壮年練成

810日(土)~11日(日) 於:広島教会 一泊二日・・・泊り込み

80名の参加がありました。

 

2週連続で、壮年練成が開催されました。

 

支教区壮年練成について

 

「県内の5教会の壮年が一同に会し、裃(カミシモ)を脱ぎ胸襟を開いて仲間と夢を語り合い、そして、時代を牽引する壮年菩薩の心意気を共有しよう!をねらいとして開催されます。

日頃、面識のない新たなサンガと、ご縁がいただけ、将来..きっと役立つことになると思います。」と声かけし私も参加いたしました。

 

練成では、光祥様が事前予告なしの研修へのご臨席がありました。

北広島教会の研修室は、空調の不調で、室内温度が30度を常時超えるという環境のなか、

4時間に及ぶ熟議(ブレーンストーミング)に一度の退席もなさらず、終始、笑顔で、時に真剣な ご質問 等などで壮年を鼓舞してくださいました。

 

当日参加した壮年全員、光祥様の壮年に期待される 本気度がただならぬものであることを肌で感じました

 

 

広島教会壮年練成について

 

参加者を手取る呼びかけ/声かけを下記のような内容で行いました。

 

■壮年地区長 は何を期待され、どのような動きをするのでしょう

1.東広島支部の各主任さん単位で受け持ち担当地区があり、該当地区の会員さん宅の壮年さんに関心を寄せて頂く

2.主任さんが何やかや、各家の壮年と触れ合い(交流) 繋がりをもたれるサポート役を

3.永い永い年月の内に、年に何度(一度でも二度でも..)か、教会の支部宿直をやって、他の信仰壮年と 交流し、色々な人の考え方(自分の日常行動の参考になるよう)を相互に傾聴し合う

4.将来、自宅や他家で志供養などが行われる際に、木柾・鐘など何か お役に立てる自分を目指す

■壮年地区長のお役を受けたら、行事、役割、など等 しがらみで自分の日常生活が束縛されるのでは..

1.心配事・困った事(独力では解決できない)が生じた時は、主任さん支部長さんが親身になって取り組みます

2.出席/人数割り当て/役割分担を受け持つ ..などで、身動きがとれなくならないよう、サポートします

 

■広島教会壮年練成 に参加しての感想

立正佼成会の「よいところ」を煮詰め出す、有意義な熟議(ブレーンストーミング)が行われました。わたしは、あの”サクランボ”のエピソードで一躍、時の人になられたSさんと同じ班で、討議、作業しました。

信仰への熱い情熱がヒシヒシと伝わり、この人を雛型に(目標に)各支部の若きエースを引き出し 大事に育てて行かねば..とあらためて思いを強くしました


東広島支部 支部壮年部長S.H



東広島支部 | 14:40:55 | コメント(0)
東広島支部 秋の「芋掘り」
2011年10月21日(金曜)
東広島市高屋町 のJR山陽本線 西高屋駅から北へ車で約10分
山間の田園に農家が点在
そこに、明るい社会づく運動東広島協議会の会員で耕作する、みんなの農園があります
5月雑草生い茂る、畑を鍬で耕運機で、耕し、苦土石灰・肥料も撒き、土作りを..
秋にどれほどの収穫があるだろうか!?..それを楽しみに、全員汗をかきかき、定植作業を終えた
その数 200本
7月~8月の焼けるような炎天下、コツコツ除草作業に精を出しました。
10月 秋空の下、 老若男女が年齢も幅広く30名近くの方が参加して 芋掘り..収穫です。
サツマイモのツルを鎌で先ず、刈り取り、次にスコップや鍬で土を掘り起こし、徐々に紅色の芋が姿を
あらわす度に大きな歓声が沸き起こります。
『蒔かぬ種は生えぬ!蒔いた種も(草を取らねば、育たぬ!)生えぬ!』..と有り難い教訓も飛び交いました
大きな芋
「戦時中には、このツルが大変貴重な、食材として多くの国民に食されたものよ!!」と長老の苦労話しも。
話を聴いて、早速何人かが、ツルのやわらかそうな箇所を20~30cmに切り取り、それを何十本も束にして
自宅に持ち帰り、サバイバル献立へチャレンジするとか..。清貧の暮らしに話がもりあがっていました。
一輪車(ねこ車)にツルを乗せて、堆肥置き場に運ぶ人。掘り出した芋を一箇所に集積し干す人
炭火を起こして金網を張り、野菜を刻みバーベキューの準備をする人。屋外での昼食の準備も着々と。
午前中の収穫作業が終了し、バーベキューの周りに集まり、持ち寄った おにぎり 漬物も併せて
頬張り、みるみる内に、金網の芋も野菜も肉も 口に運ばれ、大賑わいでした。
収穫

シートに干された、とれとれのお芋は皆で分け、帰宅の お土産として、
誇らしげに、てんでに車に積み込み、畑をあとにしました。
収穫したお芋を「新生学園」と「社会福祉法人つつじ コスモス」に持って行かせて頂きました。

東広島支部 支部壮年部長S.H

東広島支部 | 23:28:38 | コメント(0)

FC2Ad