■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
食育編家庭教育★宇品支部
宇品支部、日曜日組の家庭教育は
お仕事を頑張っているワーキングマザーの集まりになっています。

今回の家庭教育の前に、
出席される4人の方に何か子育てで困ってる事ありますか?と、お尋ねしました。
だいたい皆さんが困っていらっしゃることは

『忙しいのに子供が言うことを聞かなくってイライラします。』
『平日は家に帰ってからも忙しく子供と接する時間がありません。』

この様な事を言われますが今回は

『食事に困ってます。
 帰りが遅いので、外食やお惣菜を買って帰ったり焼いたり炒めたりばかりです』

と言われたお母さんがいらっしゃいました。
気持ちわかります・・・
とってもよくわかります・・・

なぜならば、わたしもワーキングママを10年以上しているからです。
朝は7時8時に家を出て、帰りは20時21時になります。
その私がフル活用しているのは、自家製冷凍食品!

作ろうと思ったきっかけは

食費の節約。
時間の短縮。
栄養面。

その話を4人のママ達にお話しさせていただいたところ
冷凍食品の作り方を是非教えてください!と、言っていただけました。
たまにはテキストもない家庭教育もいいか!と思い
皆さんで自家製冷凍作り置きおかずを作りました。

私よりも10歳くらい年下の若いママ達。
キレイにお化粧をして、きれいにネイルして、見習うところだらけです。
そんなオシャレなママたちがキッチンに立ち、家族の為に作った物はこちら。

『きんぴらごぼうとひじき』
きんぴら

『ハンバーグとブロッコリー』
ハンバーグ

『ロールキャベツとブロッコリー』
ロールキャベツ



これだけあるだけで、お弁当のおかずも夜ご飯の一品も助かります。
そして栄養面でも安心です。

夜ご飯を作る時間が短縮できたら、
少しでも子供と接する時間を増やすことができます。

毎日の事ですし、お惣菜や冷凍食品を買っていると
食費も高くつきます。

食べ盛り、伸び盛りの子供たち。
毎日家族の為にお仕事を頑張ってくれているお父さん。
みんなの為に、愛情たっぷり栄養たっぷりの
自家製冷凍作り置きおかずを作ることができました。

あとはタッパーに入れて冷凍庫に入れるだけ!
冷凍庫

今、子供の食生活が問題になっています。
肥満や偏食。ジャンクフードやソフトドリンクの撮摂り過ぎ。

朝食をとらない子供たちが増え、
集中力が欠け、能率があがらない。
体がだるい、イライラしやすい、すぐにカッとなる。
この様な調査結果もでています。

子供の食を考えなければいけない問題が多々ある中で、若いお母さんたちが
愛する家族の為に、仕事も家事も子育ても頑張っておられる姿を見て
わたしは嬉しく思いました。

こうしてみんなでお料理をしながら今抱えている悩みをみんなで考える。
不安や心配事をみんなに聞いてもらう。

たまには愚痴ってもいい!
そんなテキストもノートもない家庭教育も、素晴らしい物ものでした。

数日後、参加されたYさんからメールをいただきました。

『先日は楽しいお料理教室を開いていただきありがとうございました。
 結婚して初めて主人からお弁当美味しかったよ!とメールをもらいました。
 毎日玉子焼きを焼いて、あとはかわり映えのない市販の
 冷凍食品をチンして詰めるだけ。
 でもこの間皆さんで作ったおかずを入れたところ
 とっても喜んでくれました!
 子供の朝ごはんも毎日食パン一枚でしたが
 ひじきにきんぴらをだしてごはんにしたところ
 とってもよく食べてくれます。
 食べることの大切さを改めて考えることができました。
 ぜひ来月もさそってください!』



という嬉しいメールでした。毎日お弁当を作られている事がすごいですね!
形にこだわらず、皆さんが困っていること、悩んでいること
どんなことでも私にできる事があるならば、精いっぱいお手伝いさせていただきたいと思っています。
これはワーキングママだけに当てはまることではなく、お役が忙しいママ、
子育てが忙しいママ。たくさんのママ達と作り置きおかず第2弾をいつか開催したいと思っています!

宇品支部 小川 奈美

宇品支部 | 10:34:25 | コメント(3)
子供の心を育てる家庭教育 宇品支部
宇品支部では毎月3回、講師さんをお招きして、家庭教育を行っています。

1回は未会員さん組。
地域のお友達をお誘いして、始めは4人くらいで行っていましたが
今では口コミで広がり、大人数になってしまいました。
なので昼の部、夜の部で分かれます。

2回は宇品支部の会員さん。
婦人部さんが主任さんのお宅をお借りして、みんなでお勉強します。

3回は未会員、会員での日曜日組。
平日働いているお母さんの為に、日曜日組を作りました。

毎月講師さんに 『テーマ』 を持って来ていただきます。

★良い子が育つ褒め方、叱り方
★豊な心を育てる
★幼児期のしつけ

この様なテーマで勉強をしていくのですが
先日の未会員さんの家庭教育、昼の部では、
それぞれの悩みを一人ずつ聞いていただきました。

6年生の女の子を持つお母さんは
人が苦手です。
でもPTAで役員になってしまい
人とかかわらないといけないんだけど、とても疲れます。
人から何かを言われると
責められているような気がして胸が苦しくなるんです。


4歳の男の子を持つお母さんは
4歳の息子が嘘をつきました。
普通の顔をして嘘をつくんです!!!
わたしもうどうしたらいいのか、わかりません!!!

こんな質問をされました。

他にも、幼稚園の先生との関わり方や
片付けができない11歳の女の子にどうやって片づけさせたらいいか。
昼の部

じっくり講師さんに聞いていただき
アドバイスをもらい、時には叱られ、時には褒められ、時には涙を流し、
最後は勇気をもらって笑顔で帰る!

みんな色々な悩みを抱えておられます。
悩んでいる内容は違うけど、みんな子供を想う気持ちは同じ。
大切だから、愛おしいから腹が立つ。
立派になってもらいたい。
苦労しない大人になってもらいたい。
そう思う親の気持ちが時々勘違いを起こし
子供に間違ったやり方で接してしまう・・・

誰にも言えない。
誰にも聞けない。
本を読んでもわからない。

そんな悩みを出せる場所があるだけで、お母さんたちの強い味方です。
そして、ここで新しくできた友達は
一緒に勉強をしていく友達から仲間に変わります。
仲間の悩みや失敗談で自分が成長出来たり
気をつけることができたり。

そんな月に一度の家庭教育をみなさんが楽しみにしてくれている事。
とってもありがたいです。

これからも一人でも多くの方に家庭教育を知っていただき
みなさんで学びながら素敵な楽しい子育てをしていきたいと思っています。

次はワーキングママが集まる日曜日組の様子をお伝えします(*^▽^*)


宇品支部 小川 奈美


宇品支部 | 22:25:40 | コメント(4)

FC2Ad