■カテゴリ
■ご 挨 拶

訪問いただきましてまことにありがとうございます。
当ブログは、立正佼成会広島教会での活動の紹介と、その活動を通しての会員の喜びや気付きなどを紹介しています。
記事を読んでいくうちに興味がわきましたら、 是非コメントを頂きたいと思います。
運用担当者
広島教会
伝道メディア 藤川 裕子

■最新記事
■リンク
■RSSリンクの表示
■最新コメント
■QRコード

QR

■月別アーカイブ
11月度広島教会主要行事
 1日(水) 朔日参り(布薩の日)   佼成拝読
        夜間ご命日
4 日(土) 開祖さまご命日      支部別ご命日
 5 日(日) いずもフォーラム  (出雲ドーム)
 6 日 (月) 広島原爆犠牲者慰霊式 
 9 日(木) 長崎原爆犠牲者慰霊式
10 日 (金) 脇祖さまご命日      法華三部経に親しもう
11 日 (土) 東日本大震災慰霊供養
15 日 (水) 開祖さま生誕会
17 日 (金) 阪神淡路大震災犠牲者慰霊供養
20 日 (月) 広島豪雨災害犠牲者慰霊供養  布教感謝の日 (三人法座)
26 日 (日) 齋藤教会長 退任式   AM 10:00~
29 日 (水) 6・29土砂災害犠牲者慰霊供養

お知らせ | 12:00:00 | コメント(0)
わたぼうし No.21( 2017年10月 )より
報恩感謝

 立正佼成会にとって九月、十月、十一月は、一年間の締めくくりの最後の三ケ月であると同時に、報恩感謝を顕すときと教えて頂いています。報恩会、入寂会、生誕会を迎える大切なときだからです。
 開祖さま・脇祖さまのお陰さまで、私たちは尊い法華経のみ教えに出会うことができました。そのことを深くかみしめると、両祖さまへの感謝の心を行動に表すことが大事であると実感させて頂きます。
 それは言うまでもなく、布教伝道と布施の実践です。開祖さまは常々、「一人が一人を導こう」とおっしゃられていました。会長先生は、「ありがたいことをたくさん見つけ、人さまに伝えていく」その感謝を忘れない心の姿勢と喜びの後姿が、人を感化せずにはおかない魅力であり、そのままで布教伝道であると教えてくださいました。心して取り組ませて頂きましょう!
 さらに、いつの時代にあっても世の中を善導していく人材を育成していくことが大事な役割であることを認識するとき、青少年育成は常に優先して考えていかなくてはならない大事なことと言えます。
 青少年育成は、「育つ力」と「育む慈悲」と教えて頂いています。開祖さまのDNAを受け継ぎ、会長先生から光祥さまへと継承されていく時代の中で、教会や教団、さらには地域社会・国家・世界を支えていく人材を育てていきたいと思います。
 「いずもへの道、いずもからの出発(はじまり)」十一月五日、時代を担う若者は、是非、
出雲ドームに集まろう!                         合掌
                          教会長   齋藤高市


教会長メッセージ | 12:42:45 | コメント(0)
秋の彼岸供養、五日市支部
 9月25日秋の彼岸供養が五日市道場にて執り行われました。

その様子を写真撮影しましたのでご覧ください。

sashika_omukae  


ご供養を待つ、御宝前です。

gohouzen 


奉献の儀を待つ参加者の人たち

sashikae_houkenmatuhito   


奉献の儀の様子です。

sashikae_houken  


奉献の儀の様子2

houkennnogi2  


捧げられたご供物

gokumotu1 


捧げられたご供物

gokumotu2 


読み上げのお役の方々


yomiagesyuusei  


説法

seppou1 


説法後の礼拝


seppou2 


支部長さんのお話

shibutyousan  


広島教会婦人部長さんのお話

jyoshibuchiyousan  


司会者

shikaisya1 



司会者、式典終了のあいさつ

shkasisyaowarinokotoba




バザー会場

sashikae_tenzi  


帰りにご供物をいただく方々


kaerutoki 


こうして無事秋の彼岸供養が終わりました。



五日市Y.O

【五日市道場だより】 | 20:31:26 | コメント(0)
大聖堂当番修行団参に参加して(2)
 当番団参に参加された方の感想を紹介させて頂きます。 
 
 ・ 出来事を通して、確認することの大切さに気付かせて頂いた。
 ・ 指示されたことをよく理解し、仲間でかみしめて、求められたことに誠意をもって
   対応することが大切だと感じた。
 ・ 立礼拝のお役をするうちに、一人ひとりどんな思いでお参りされているのかを思い、
   有り難くなり、涙が出そうになった。
 ・ 立礼者に対して、深々と礼をしてくださった方がたくさんいて、心が洗われる思いがした。
 ・ トイレ掃除をし、自分の心についたたくさんのアカを流し、アカをつけないよう 努力して
   いきたいと思った。
 ・ 不平不満、愚痴を言いながらの最近の生活だったが、団参の中での出会いをご縁に
   切り替えようと思った。
 ・ 受け入れをさせて頂く時は、相手の方がどんな思いで参加されているのか思いをくめるように
   なりたい。
 ・ お通しの大切さを教えて頂き、実践するとたくさんの功徳や出会いを頂けて有り難かった。
 ・ 健康で当番団参に参加できたことに感謝。学ばせて頂いたことを今後に生かしたい。


総合 | 12:30:00 | コメント(0)
大聖堂当番修行団参に参加して(1)
 

 9月3~4日の大聖堂当番修行団参に参加された方々からたくさんのアンケートをいただきました。
皆様に、ご紹介して、お一人お一人のお気持ちを伝えたいと思います。
文章の要約、省略があると思いますが、ご容赦のほど、よろしくお願いいたします。
  • 大聖堂は丸いんだ。円柱型なんだと体感し、感動した。
  • とても楽しかった。また、参加したい。
  • これで最後と思っていたが、元気で頑張って、また連れて行ってください。
  • ものの見方を教えていただき、あなたと私と見るか、私とあなたと見るかで、受け止め方が変わると言ってもらい、まず人様の見方を教えていただいた。




総合 | 19:30:48 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad